たかがヤマト、されどヤマト

2013.11.6 白金の森 ムラサキツバメ   2013.11.8(記)

2013.11.6
月曜日は休日だったため、快晴で絶好のムラサキ日和だった翌火曜日は自然教育は休み。この日(水曜日)も朝から晴れとの天気予報。

朝起きたとき、あまりパッとしない薄曇り。そのうち晴れるだろうと出かけたところ、日が出てもすぐ雲に隠れ、日射しが安定せず、ムラサキシジミは現れない。やはり、カラッと晴れ、散策路にくっきりと陰影がつかなければ、樹下に降りてこないようだ。11時近くになってから、やっと晴れ始め、1頭だけメスが出て来た。
a0181059_14284323.jpg

次々出てくるかと思われたが、全然だめ。諦めて、園内を一巡し戻ったところ、ムラサキツバメのオスが1頭現れた。時間は11時30分。下草にとまっては吸汁し、まるで落ち着かなかったが、そのうち、日の当たる葉の上で静止。開くのをじっと待つ。そして、開いた。が、全然輝かない。ただの地味な色。
a0181059_1439918.jpg

その後、少し飛んではとまり翅を開くが、撮影アングルを変えても翅は輝かない。足元にとまっても、横に回り込めないところにしかとまらない。
a0181059_14402878.jpg

やっと、いいところにとまってくれた。でも、これがベストだった。よく見ると左の尾状突起が欠けていた。
a0181059_14445945.jpg

この後、飛んでいってしまったので撤収。湿地にいたヤマトシジミ。
a0181059_1448127.jpg

帰り道、ウラギンシジミが生垣にまとわりつくように飛んでいた。見守っていると、とまって日光浴を始めた。ここは、知る人ぞ知る都内有数の閑静な高級住宅街。昔は「長者丸町」と言った。半数くらいは外国人が住んでいる。電柱さえなければ、すっきりするのに。でも、これが日本の風情か。
a0181059_14545749.jpg


これで、自然教育園のムラサキツバメはオス、メスとも撮影できた。しかしながら、もう11月。出現数がやはり少ない。カラッと晴れた日が少なかったせいとは思うけれど、ムラサキシジミだけではちょっとつまらない。

by otto-N | 2013-11-08 22:20 | Comments(4)
Commented by yoda-1 at 2013-11-09 05:44
もうムラサキツバメも下のムラサキシジミも撮り終えた感じですね。
こうなると、ルー様を征服するしかないのでは(笑)
個人的には、ムラサキシジミ♂雄の深いブルーが一番好きですが、希少性もありルーミスブルーも捨てがたい魅力ですよね。
Commented by otto-N at 2013-11-09 21:31 x
yodaさん、ムラサキシジミはともかく、ムラサキツバメのオスはあのムラサキの幻光を撮り損なって以来、スーパーブルーを差し置いて、この時期の最大課題です。
ルー様は、昨年は一度も顔を見せてくれず、今年はなんとかしたいですね。
実は、自宅から2時間足らずで行くことができます。
が、首都高、アクアライン、千葉の高速、さらに有料道路と少々お高く、毎日、天気予報と相談です。
どっちを優先しましょうか。
Commented by Shin at 2013-11-10 23:04 x
本日今年の最後?と思って期待していたのですが、あいにくの天気
今度の火曜日はかなり寒さが進むとか?
とうとう今年の遭遇できたチャンスは一度だけに終わりそうです
Commented by otto-N at 2013-11-11 10:59 x
Shinさん、ここで二人並んでムラツのオスの幻光を見て以来、このムラサキ幻光にとりつかれましたが全然ダメです。
その日を調べてみたら、一昨年の10月27日でした。
ここがダメだったら、場所を変えて探しましょう。
<< 2013.11.8 白金の森 ... 2013.11.1 白金の森 ... >>