たかがヤマト、されどヤマト

2013.11.8 白金の森 ムラサキシジミ   2013.11.11(記)

2013.11.8
前日は午前中は雨、午後は上がったけれど寒い日だった。朝から晴れ上がった自然教育園。

ポイントに着くと少し遠いが、さっそく複数のムラサキシジミ。これは幸先がよいと撮っていたら、みんな樹上に上がってしまった。散策路に日が射しても、しばらく何もこなかった。
a0181059_16331224.jpg

日陰の部分で息を吐くと、時々白い。近くには小さな沼もあり、冷たい気流が漂っている感じだった。これだけ日が当たっていると、地上に降りてくるはずだが、下ほど温度が低いせいか、あるいは、樹上の葉に湿り気が残っており、吸汁や日光浴は、樹上で十分ということか。とにかく、下りて来なくなった。それでも、かなり時間がたったころ、ポツリポツリと下に降りてきた。その中にムラサキツバメのメスが1頭(2コマ目)。一度、翅を開いたが、葉陰に潜り込んで吸汁し、突然姿を現したと思ったら飛んでいった。ムラサキシジミも、路上や下草で吸水や吸汁を繰り返した後、下草で翅を拡げる。吸水中は、手を触れるまで動かない。根負けして手を触れて飛び立たせたら一巻の終わり。
a0181059_16335497.jpg

葉の向こうのイヌタデのピンクを入れたかったが・・・。
a0181059_16495414.jpg

少し位置を変え、絞りを小さくしていった。F6.3→5.0→4.0→3.5。ここまできたとき飛ばれた。マニュアルフォーカスだと、こういうときキツイ。立ち上がったとき、膝が痛い。
a0181059_16502317.jpg

なぜか多かったウラギンシジミ。
a0181059_16505841.jpg

ムラサキシジミのオスは、頭を下に向けたとき一番輝くようだ。メスはこの位置だと白飛びすることが多い。
a0181059_16511914.jpg


ムラサキシジミはともかく、この日も3時間でムラサキツバメは1頭現れただけだった。いくら晴れても、前日が雨だと、下には降りてこない気がする。この日も、このことを確認するために行ったようなものだった。



P.S.
この記事を書いていたら、突然の大雨。止んだと思ったら、激しい北風。そして、気がつけば夕日。ひょっとしたら、木枯らし1号?
a0181059_16414188.jpg


by otto-N | 2013-11-11 16:25 | Comments(0)
<< 2013.11.13 白金の森... 2013.11.6 白金の森 ... >>