たかがヤマト、されどヤマト

2013.11.18 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ (1)  2013.11.20(記)

2013.11.18
都内ではどうやらムラサキツバメは少ないようだ、というより稀。メスはともかく、狙いはオスの開翅。千葉の公園では、先日行ったときより数が増えているらしい。1日、晴れそう。

公園に着くと、フリースはいらないくらい暖かい。空はぼぉーっとして春霞のようだった。来る途中、窓から見えた東京湾もひねもす・・・・の感じ。このときの気象を煙霧ということを後で知る。こんなに暖かいと、カクレミノの塒のムラサキツバメは出払っていないだろうなぁと思っていたら、やはり1頭もいなかった。アオキのポイントに急ぐ。

着いたら、路上のムラサキシジミを座り込んで撮っているカメラマン。「はばたき」のFavoniusさんだった。聞くと、アオキには1頭だけ残っているという。暖かいので、ここも早々に出払っていた。そのうち、戻ってくるので戻ってくるのを雑談しながら待つ。塒に入る前に、近くで翅を拡げるはずだ。そうこうしているうち、ムラサキツバメのメスが現れ、ムラサキシジミのメスも翅を拡げ、ムラサキツバメのオスもやってきた。
a0181059_1730596.jpg

次々とはいかないが、塒に入る前に近くにとまり、翅を開く。もちろん、すぐに開くとは限らない。開くのをじっと待っている間に、違うのがやってきて、先に開いてしまう。いつも同じ場所にいるわけではないので、どれが同じ個体か判らない。以下、なるべく撮影した順に並べた。
a0181059_1731918.jpg

じっと待っていても開かないし、すぐ開くときもある。
a0181059_17312236.jpg

オスはあまりボロいのはいなかった。
a0181059_17321854.jpg

2頭が隣り合うシーンも見られた。
a0181059_17323173.jpg

これは、また別の時間帯。下のオスは、これ以上開かず、ちょっと残念。
a0181059_19103772.jpg

両方にピントは難しく、どっちに合わせると聞かれ、私は当然オス。Favoniusさんはメス。
a0181059_1911617.jpg

とにかく、開いたら撮影。ムラサキシジミが開いても撮影。
a0181059_17325160.jpg

そして、幻光。スーパー・バイオレットか、スーパー・パープルか、とにかくムラサキ幻光・・・。3コマ目、恐れていたピンボケ。
a0181059_1733998.jpg

この2枚。特に2枚目を撮っているときは、痺れた。というより、ピンが合ってなかったらどうしようと結構焦った。
a0181059_17512485.jpg

幻光は半開翅のときに生じる。全開のときは、左右上下、一番輝く位置を飛ばれる前に小刻みに探す。やはり、頭が下のときが一番いい。輝く位置は翅の傷も目立たない。
a0181059_17534195.jpg

この位置で深い紫が出たかもしれない。ディープ・パープル?
a0181059_17541581.jpg


撮影を始めたのは9時30分ころ。色々撮っているうち、いつのまにか2つの塒に別れ、ムラサキツバメが収まっていた。もう、午後1時。そろそろ、このポイントに日が当たらなくなってきた。まだ帰ってきていないムラサキツバメもいるだろうけれど、日が当たらないと暗くて撮影できない。さて、午後も日が当たるカクレミノの塒に戻ろうか。

(ムラサキツバメ (2)に続きます)

by otto-N | 2013-11-20 20:40 | Comments(2)
Commented by HOUNOKI at 2013-11-20 23:56 x
こんばんは。
ムラサキツバメのオスの深い濃紺色、渋くて魅力的です。
この色は、光の当たり具合で、色調が変化しますか?
2頭が並んでいるシーン、とても素敵ですね。
私もたぶん、オスにピントを合わせるだろうな。
Commented by otto-N at 2013-11-21 20:33 x
HOUNOKIさん、ムラサキツバメのオスは、光の当たり具合で微妙どころか、大変化です。
ムラサキの幻光が出ると、思わずくらくら来ます。セクシー・バイオレットです。
オスメス2頭が並んだとき、私のところからはオスはムラサキになったのですが、隣からはただの茶色にしか見えなかったのだろうと思います。
天気がいいので、今日も行ってきました。次々々回には、茶色の翅をお見せします。
<< 2013.11.18 千葉県・... 2013.11.16 東京・千... >>