たかがヤマト、されどヤマト

2014.6.10 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2014.6.15 (記)

2014.6.10
翌日から大雨だというので、何度目かの横浜の公園に行く。とてもいい天気。でも、天気が良すぎた。

ミドリシジミは開翅してくれる。しかし、目より上ばかりだった。メスが目につく。昼すぎ、葉の上にとまっていた個体も、暑すぎるのか葉裏に引っ込んでしまった。ほぼ水平だとオスも前縁が光るのみ。せっかく足元で開いたメスは羽化直ではなく、どうやら産卵に来たようだった。
a0181059_2220096.jpg

午後3時。まだ暑い中、ミドリシジミを待っていたら、目の前にきたのはオオミドリシジミ。閉翅を撮るまもなく、全開翅。位置を変えて撮ろうとしたら、ミドリシジミがやってきて、飛ばれてしまった。この木の隣には桑の木があり、ミドリシジミが実を吸いにきていたのだが、なぜか切られてしまった。あげくに、雨が続き、池のハンノキの根本まで水で埋まってしまった。その下にまだ蛹がいるはず。来年がちょっと心配。
a0181059_22203565.jpg

ミドリシジミを待っていたとき、近くにいたヒメジャノメとヒカゲチョウ。
a0181059_22202111.jpg

4時10分。ミドリシジミの卍巴飛翔が始まった。300ミリズームで撮る。このズーム、MFで撮ることを意識していないのか、距離リングのあそびが多くガタガタ、スムーズに回らない。それでも、MFで、ミドリシジミの煌めきをピントを感じたら連写した。やってみたら、写っていた。
a0181059_2221215.jpg

始めは高いところ卍をやっていたが、だんだん低くなり、最後はヨシの向こうへ。背景が真っ黒だし、遠いのでチョウは小さくしか写らないので、トリミング(2400×1600)した。ISO1600、1/3200秒、F5.6。これでは暗いので、ソフトで増感。
a0181059_22212368.jpg

この画像だけ、十分近かったのでトリミングしなかった。近いとピントが合わないです。
a0181059_22225476.jpg

頭上を飛ぶとほとんどシルエットになるだけ。それでも、少しは色が判るし、翅の壊れも判る。
a0181059_22213352.jpg

暗闇に浮かぶブルー&グリーン。ちょっとだけ横から光が射していた。
a0181059_22233784.jpg

上の一枚の後の続き。ただ、3枚しか撮れていなかった。
a0181059_22231456.jpg

16時30分。緑色の葉が背景にあったのはこの1枚だけ。そして、これが最後の1枚。といっても、帰らなければいけない時間が来てしまっただけなのだが・・・。
a0181059_22221373.jpg


この日は暑すぎたせいか、チョウがあまり出てこなかった。ミドリシジミも日陰にだんまりだった。夕方、ミドリシジミの卍飛翔だけを期待していた。おそらく、撤収した16時30分以降がもっと激しいバトルが繰り返されたいたと思ったけれど、暗すぎで写っていないようで諦めた。しかし、自宅に帰りPCで画像を見たら、闇夜のカラス状態でも何とか写っているではないか。ダメ元で撮っただけなのでとても嬉しかった。

by otto-N | 2014-06-15 21:02 | Comments(4)
Commented by Akakokko at 2014-06-15 23:36 x
そら抜け出ない飛翔写真、凄いですね。
MFですか?(私が聞かれたことを聞き返してしまってますが・・・ ^^; )
Commented by 22wn3288 at 2014-06-16 08:40
卍飛翔が撮れますね。
最後の写真 とてもいい感じですね。
オオミドリも居るのですか。
Commented by otto-N at 2014-06-16 20:20 x
Akakokkoさん、暗くて闇夜のカラスでした。
MFで、なんとかキラキラ光ったらシャッターを切りました。
なので、空バックのほうがピントが合いませんでした。
フレームアウトするよりもピントの問題のほうが大きいですね。
Commented by otto-N at 2014-06-16 20:24 x
旅友さん、卍飛翔は、前後の移動がないとき、何とか撮ることができます。
それより、暗くて大変です。
この公園では、平地性ゼフ6種がそろいます。
少しずつ発生日が違うのですが、1日で全6種撮りというのもあります。
<< 2014.6.13 横浜・ゼフ... 2014.6.9 (PM) 横... >>