たかがヤマト、されどヤマト

2014.7.30 山梨県・富士山麓 ミヤマシジミ (1)   2014.8.6 (記)

2014.7.30
自衛隊の演習地の平日の立ち入り日。朝から出かけたかったけれど、前日、尾瀬の山に登ってきたばかり。少々くたびれていたので、着いたのは10時。標高が高く東京より気温が低いといっても、快晴。この時間ではやはり暑かった。

簡単に見つかると思っていたクロシジミは、全然見つからず、クサフジもいたる所に咲いているのでヒメシロチョウくらいいるはずと思っていても、時期が終わったのかまるでいなかった。少し離れた所を探していると、飛んでいたのはミヤマシジミ。よく見ると、地面に這いつくばっているような、ちびたコマツナギがそこいらじゅうに咲いていた。1頭だけかと思っていたら、次々と飛んでいた。
a0181059_1544819.jpg

メスもオスも新鮮で、すぐ交尾カップルも見つかった。
a0181059_155304.jpg

オスの開翅を撮りたかったが、暑すぎるのか、開いても少しだけ。左手で陰を作ると開いてくれたが、色が出なかった。
a0181059_155182.jpg

とにかく、なかなか半開翅さえ難しい。
a0181059_1511561.jpg

後翅に青鱗粉が載っていたメス。
a0181059_15174626.jpg

メスを追いかけるオスを追いかける。
a0181059_15191861.jpg

マクロを構える間もなく、あっと言うまに交尾成立。その瞬間は取り逃がしたが、この写真はお気に入り。
a0181059_15214895.jpg

その後、少し落ち着いたところも撮る。今度はメスが外側。
a0181059_1522239.jpg

他のチョウはほとんど見なかったのだけれど、停めた車の後ろのクサフジに2頭のウラナミシジミが産卵と吸蜜にやってきていた。1頭はボロ、こちらが比較的新鮮。とても敏感なジャノメチョウ。今年、やっと撮れた。
a0181059_1529387.jpg


ここに来たのはこの日が最初だったけれど、炎天下、他の場所に移動する気も起らなく、ミヤマシジミだけ撮っていた。いつも行く栃木の河川敷とは違いコマツナギの草丈が低く、せっかく食草で吸蜜しているというのに背景が抜けないし、なにより、閉翅でも這いつくばらない限り、フラットに撮れなかった。こんなわけで、飛翔撮影がメインになってしまい、次回に掲載します。

by otto-N | 2014-08-06 17:50 | Comments(0)
<< 2014.7.30 山梨県・富... 2014.7.29 群馬県・至... >>