たかがヤマト、されどヤマト

2014.8.18 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.8.18 (記)

2014.8.18
恵比寿ガーデンプレースは、夏のイベントの後片付けの真っ最中だった。有名なシャトーレストラン(三ツ星のフレンチ)の前の広場の臨時花壇は残されており、まだしばらくはそのままのようだった。日持ちがするだけの丈夫な花なので、何もいないだろうと思って近づくと、意外にもヤマトシジミのメスが1頭吸蜜していた。背景にシャトーが写ればいいかもしれないと、カメラを取りに戻る。

先ほどのヤマトシジミは見つからず、飛んできたイチモンジセセリをまず撮る。シャトーは20年たち、やっと風格が出てきた。
a0181059_17114791.jpg

どこかに隠れていたヤマトシジミが出てきたので飛んでいるところを狙う。3コマ目は惜しかったピンボケ。風が強く、イチモンジさえも風に流される。ヤマトシジミはすぐ花壇のどこかに潜り込んでしまった。
a0181059_1712899.jpg

イチモンジもすぐいなくなってしまうけれど、しばらくするとやって来た。時には複数頭。オスがメスの後を追う。ヤマトと違い、とてもおとなしい。メスの後ろにぴったりとくっつき、いつもお許しを伺っている。オスがメスの後ろにとまっているシーンも撮ったが、割愛。
a0181059_17121966.jpg

あくまで、オスは適度の距離を保ちながら、メスの後についてゆく。着かず離れず、なんとも奥ゆかしい。
a0181059_17113511.jpg

シャトーの逆方向は、イベント広場。いつもかまぼこ型の天井の下で何かが行われている。この一枚は、躍動感があってよろし。
a0181059_17124356.jpg

ヤマトシジミも、草の陰から顔を覗かせてくれた。
a0181059_1713144.jpg
撮影している途中、花壇に日が射さなくなった。空は晴れているのに変だなぁと思っていたら、ビルの陰。午前中は、シャトーは逆光、日が当たるときにまた来なくては。

by otto-N | 2014-08-18 21:35 | Comments(2)
Commented by naoggio at 2014-08-19 06:39 x
フランスに来てしまったみたいで、楽しいですね。
かまぼこ屋根はタイムトンネルを思い出します。
8月18日、マイバースデーでした(笑)。
Commented by otto-N at 2014-08-19 17:59 x
おっ、naoggioさん、カムバックですね。
確かに、向こうとこちらをつなぐ不思議なトンネルです。
都会のこんな所にも蝶が飛び回っている、そんな風景も悪くはありません。
誕生日、おめでとうございます。私は、ついに介護保険料を納入せよとの通知がきました。
<< 2014.8.20 東京・恵比... 2014.8.14 東京・恵比... >>