たかがヤマト、されどヤマト

2014.8.29 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.9.1 (記)

2014.8.29
曇り空だが、前日より明るい。気温が低いしヤマトシジミが翅を拡げてくれるだろう、メスはシックに撮れるはず。

オスが2、3頭飛んでおり、そのうちの1頭がすぐメスを見つけてくれた。メスはそのオスを相手にせず、少し離れたところにとまった。横から撮っていると、突然の開翅。傷も少なくなかなかの美形。
a0181059_20352112.jpg

さて、オス。翅のきれいなものを探す。吸蜜中でも翅を開くので、探すのは楽だった。
a0181059_20372445.jpg

撮った時間が違ったけれど、上の個体と同じようだ。無傷のものはなかなか見つからない。
a0181059_20535618.jpg

後はもうフライング・バタフライの撮影。
a0181059_20363248.jpg

飛び上がりポーズ。あわてて方向を変える瞬間か。
a0181059_10115579.jpg

少しは明るいので、闇夜の鴉ということはないのだが、やはり曇り空は飛翔撮影には向かない。
a0181059_20371071.jpg

花壇なので、目につくところのカタバミは引き抜かれほとんどない。ヤマトはこの小さな白い花目当てで集まる。
a0181059_10125458.jpg

これもヤマトと思っていた。少し歩道から遠くやっと手が届く距離。
a0181059_2038398.jpg

ヤマトはこの花には決してとまらないのだが、吸蜜するそぶり。置きピン広角撮影の1コマ。この時点でもヤマトと思っていた。ヤマトシジミと同じくらいの大きさの、とても小さい個体だった。
a0181059_20391050.jpg

ピンクの花(ニチニチソウ?)にとまったのを撮ったのが、前記事の画像。その後は、白い花で次々と吸蜜。でも、この画像からでは、花弁の水滴を吸っていたようだ。位置が悪くて、この1枚しか撮れなかった。最後はイチモンジセセリに追い払われて終わり。
a0181059_20415413.jpg

ミソハギ?には、ここでは珍しいキマダラセセリが1頭。そして、ウラナミシジミのメス。
a0181059_204252.jpg

しばらくフライング・ヤマトで遊ぶ。ときどき空が暗くなり、LEDで照らしても写りが良くない。
a0181059_20443282.jpg

そして、超美形が登場。
a0181059_2043359.jpg

少し明るいところにとまる。青鱗粉がほとんどなく、真っ黒というのは気持ちがいい。
a0181059_20432252.jpg

これだけ新鮮でも、しっかりと産卵しているようだった。
a0181059_20432011.jpg

明るい緑のツユクサの上。
a0181059_2044351.jpg

ブラック・ヤマトのラスト・ショット。
a0181059_20434435.jpg


ヤマトシジミを撮影中にクロマダラソテツシジミが紛れ込み、この日の主役が奪われそうになってしまったが、あくまで主役はブラック・ヤマト。青鱗粉が中途半端に載っていないメスは、今しか撮ることができない。曇った日しか漆黒に撮ることができないし、背景も申し分なかった。

by otto-N | 2014-09-01 11:40 | Comments(2)
Commented by naoggio at 2014-09-02 21:39 x
1週間ぶりに訪問してみたらクマソ・・・?
何故恵比寿に?
湾岸や湘南はどうなっているのでしょう?
疑問符ばかりでゴメンナサイ。
でも嬉し〜。
いつもながらヤマトシジミめちゃくちゃ奇麗ですね。
Commented by otto-N at 2014-09-03 20:26 x
naoggioさん、ある方から、今年は内陸から発生するとの予想?をいただきました。
まだ夏の終わり。これから増えると思いますが、ちょっと楽しみですね。
曇っている日、ヤマトシジミは綺麗ですよー。
(今日は、少し遠くに行ってきました。ヤマトはめちゃくちゃたくさんいて、どれも綺麗でした。いる所にはあんなにいるんですね。ただ、他のチョウで忙しく、ほとんど撮ることができませんでした)
<< 2014.9.2 東京・白金の... 2014.8.29 東京・恵比... >>