たかがヤマト、されどヤマト

2014.9.2 東京・白金の森 カラスアゲハ   2014.9.3 (記)

2014.9.2
久しぶりの晴れ。近所のソテツの探索ついでに、自然教育園の囲いの境界にあるクサギに立ち寄った。

その前日、2014.9.1
外出した帰りにサッポロビールの花壇を覗くと、ヒメジャノメがいたので昼食後撮りにいく。ここでは、珍しいと思っていたが、自分のブログを見直すと毎年、この時期に1頭だけ見つけているようだ。1化目を見落としているのか、この時期どこからか飛んで来るのか不明ではあるが、とにかく、花壇の花を踏まぬようそっと忍び寄る。これがとても難しい。撮影後は、ソテツを探しに近所を彷徨。しばらくしてから、本格的な雨。
a0181059_16394295.jpg

開いたり閉じたり。少し眼紋が涙流れ。
a0181059_16395296.jpg


2014.9.2
近くにソテツがないかと、路地から路地を歩き回っていると、思いがけない場所にソテツ。と言っても1ヶ所にせいぜい1、2本。葉や芯を覗きこんでも食痕はないし、成虫の気配もまるでなかった。閑静な住宅街、クロアゲハがいたので広角で連写。
a0181059_16542658.jpg

ピンポイントのソテツを探すのにくたびれ、クマソがこれから増えたら(増えるに違いない)、その辺の花壇に出て来るだろう、と探索は先送りにすることにし、毎年、8月末に咲き出すクサギの木のところへ行く。クロアゲハがやって来るもののボロばかり。力なく、よたよたと飛び回っていた。ただ、2頭が絡むと少しはカッコいい。
a0181059_1763722.jpg

クロアゲハには見切りをつけ、カラスアゲハを待つ。そのうち、元気よく1頭やって来たが、なかなかクサギには来ない。近くに来ては、何が気にいらないのか、また遠ざかり、とても用心深い。クロアゲハがいなくなったとき、やっと吸蜜を始めた。
a0181059_17153380.jpg

目まぐるしく飛び回り、ピントが決まらない。鱗粉の粒立ちとピントだけで、画像を選択すると、動きが感じられないものばかりになる。
a0181059_17144969.jpg

翅の反り返りとか、動きがなんとか撮れると、ピントが甘くなるし、クサギのアゲハは難しい。
a0181059_17154731.jpg

一瞬、何を撮ったのだろうと思うほど、ホバリング中は面白い。
a0181059_1715189.jpg

もう少し翅が見えるるとよかったのだが、頭より高い木。。脚立があったとしても、車の通り道。年々、花の位置が高くなっているようだ。
a0181059_17161143.jpg


毎年、通っている1本のクサギ。昔はたわわに花が咲いていたけれど、昨年、枝が切り払われ、花が半減した。昨年も黒系アゲハが少なかったが、今年もっと少ない。クロアゲハ自体が少なく、ナガサキアゲハは来なかったし、カラスアゲハも撮影した1頭だけだった。まだ1回だけの撮影なので結論は早いかもしれないが・・・。

by otto-N | 2014-09-03 20:20 | Comments(4)
Commented by yurin at 2014-09-05 07:30 x
はじめまして、いつも飛翔写真を楽しませて頂いております。
カラスアゲハ、とても美しく撮影されていますね。
このように撮影できたら良いだろうな、と思っています。
特に最後のカラスアゲハの写真、ダイナミックで綺麗ですね。
Commented by tamayam2 at 2014-09-05 08:18
きれいなカラスアゲハですね。クサギは蝶が好む植物ですが、
だんだん少なくなりました。私は今ドイツですが、カラスアゲハ
はほとんど見たことがありません。
Commented by otto-N at 2014-09-05 15:49 x
yurinさん、こちらこそ、はじめまして。近所の蝶ばかりで、遊んでいます。
飛翔は数打てば当たるの世界ですが、望遠の場合も同じで、ピントが合ったら連写しています。
アゲハの場合外しまくりですが、撮っている最中は楽しいですね。
Commented by otto-N at 2014-09-05 15:53 x
tamayam2さん、クサギは黒系アゲハはほんとに好きですね。
今年は少ない感じですが、待っていると次々とやって来ます。
ドイツからわざわざコメントありがとうございました。
<< 2014.9.3 栃木県・鬼怒... 2014.8.29 東京・恵比... >>