たかがヤマト、されどヤマト

2014.9.10 東京・恵比寿ガーデンプレース ツマグロヒョウモン   2014.9.16 (記)

2014.9.10
恵比寿ガーデンプレースの移動式の花壇は、このところコスモスがメイン。あいかわらずイチモンジセセリが飛び交っている。すでに、イチモンジセセリは飽きてしまっているけれど、撮影を始めると、小一時間はすぐ過ぎてしまう。

こんにちは、イチモンジセセリくん。
a0181059_15422183.jpg

横顔は撮りやすいけれど、正面顔はなかなか難しい。さんざんイチモンジセセリを撮っているので、9枚をまとめた。9コマをエキサイトの制限・1画像500KBにするために、少しずつトリミング。それでも、オバーだったので、画像は小さくなってしまった。
a0181059_15423288.jpg

白い斑紋が逆光で少し透ける。やっと撮れた1枚。
a0181059_1542536.jpg

キタキチョウ(♀)。とこどきやっては来るけど、長居はしてくれない。
a0181059_154363.jpg

イチモンジセセリに飽きたころ、ツマグロヒョウモン(♀)がやってきた。空腹なのか、すぐ舞い戻ってくる。
a0181059_15542914.jpg

ドーム背景もいいけれど、やはり、シャトーの壁バックのほうがいい。
a0181059_15543989.jpg

昼休みにはベンチでお弁当、午前早めの人の少ない時間帯は、美人モデルを使った半年先の服の撮影も頻繁に行われる。残念ながら、シャッター速度をかせぐため、絞りはきつくできないので、そんな人々はぼおーっとしか写らない。中央の赤い点は記念撮影に夢中の観光客(中国の若い女性)。
a0181059_18405027.jpg

人が写っていない時は少し淋しいが、さながらチョウの一人舞台。(に、見えるだけ)
a0181059_15551866.jpg

時間よ止れ。人工的なのだけれど、なぜかそれを感じさせない優しげなシャトーの壁の色。チョウには良く似合うと思った。
a0181059_15553482.jpg


常設の花壇ではなく、催し物が変わるたびに、季節が変わるたびに花が変わる花壇ではあるけれど、ときどきはチョウがやってくる。とまっているチョウを撮ってもなぜか違和感を感じるのに、飛翔写真ではそう感じないのはなぜだろう。花壇がほとんど写らず、背景にチョウが浮かび上がっているからだろうとちょっと思った。

by otto-N | 2014-09-16 20:34 | Comments(4)
Commented by ダンダラ at 2014-09-17 17:59 x
飛翔写真、ますますさえていますね。
背景がきれいで、蝶とも見事にマッチしています。
先日こちらでもヤマトの飛翔にチャレンジしましたが、難しくて5分くらいでギブアップしてしまいました。
なかなかこんなには撮れないなと実感…脱帽です。
Commented by otto-N at 2014-09-17 20:55 x
ダンダラさん、都会で蝶を野山でのように撮ること自体にムリがあり、それなら、都会ならではの写真ということで、都会のいい所、悪い所を含めて蝶の飛翔を撮り始めました。
残念ながら、都会のごみごみしたところには蝶は少なく、結局、ちょっと緑のあるきれいな所でしか撮影できません。
ここは、東京でもっとも人工化された街の一つです。なかなかファンタスチックな背景だと思います。
ヤマトシジミは、昼間だと速くて撮れませんが、朝夕は比較的遅いです。
追いかけ撮りではなく、手元に来たのだけ撮っています。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:35 x
こんにちは。
最初のカット、素晴らしいですね。
イチモンジセセリにせよツマグロヒョウモンにせよ、都内で普通に見られる蝶でも、撮り方次第でこれだけ素晴らしい写真になるのだと関心しきりです。
Commented by otto-N at 2014-09-18 17:25 x
みき♂さん、以前は、やみくもに撮っていましたが、このところ背景を気にしています。
何度撮り逃がしてもいい普通種だからこそ、練習も実験もできます。
でも、そうでない種に出会ったらこうは行かないことは必定ですね。
訓練のつもりでやってます。
<< 2014.9.14 長野県・河... 2014.9.8 東京・恵比寿... >>