たかがヤマト、されどヤマト

2014.10.7-9 長野県・上高地 (1) 明神   2014.10.13 (記)

2014.10.7
上高地の涸沢カールの紅葉を見たくて、9月末から好機を伺っていた。ただ、土日はものすごく混雑するらしいので避けていたら、平日は天候不良。今年はもうダメかと諦めていたところ、台風一過の後は晴れの日が続くとの予報。急遽、山の旅館を予約し出かけてきた。1日目は徳沢に泊まり、翌日涸沢カール。夕方明神まで戻り宿泊。3日目の朝、帰京という緩い予定だった。

上高地はこれで3度目。沢渡も河童橋も、平日だったのでさすがに混み合ってはいない。河童橋のたもとからのお馴染みの風景。岳沢、西穂、梓川、雲一つない青空。河童橋出発は午後1時30分。
a0181059_110965.jpg

ビジターセンター前の清流の藻(1/1000秒でやっと止まった)、マユミの実、なぜか上向きの実、何かと思っていたらコナシの実だった。1枚の葉に緑と赤、光に透かすと美しい(暗くてうまく撮れなかったが)。
a0181059_1101883.jpg

小梨平のキャンプ地からの岳沢方面。夏に汗だくで岳沢小屋まで登ったことがある。とても急だったが、ここからでは、まるで緩やかに見える。
a0181059_1103259.jpg

岳沢の左を望遠で見ると大迫力だった。
a0181059_1105239.jpg

見通しの悪い林道の左には明神岳がチラチラ見え隠れしていたが、見通せる場所は少なかった。パッと開けた場所からの明神岳。こんなに迫力があったっけ。2931mもあるので当然といえば当然。一般の登山道がなく、登ることができるのは、エキスパートだけのようだ。標高が3000mあれば、もっと人気が出たはず。
a0181059_1111995.jpg

明神岳の左、西穂高?
a0181059_1114772.jpg

とぼとぼ林道を進む。進行方向、左に見える明神岳に雲がかかってきた。
a0181059_11512871.jpg

林道のわきにあった池。こんこんと下から水が湧き出ていた。水に写った青空が美しい。
a0181059_11531085.jpg

明神岳とその背後の山が一望できる梓川沿いの道路に出る。2枚のパノラマ合成。
a0181059_11573746.jpg

明神の右、カッコいいギザギザ。この山は何?地図から見ると、前穂高岳(標高3090m)らしいが、よくわからなかった。
a0181059_11532766.jpg

雲が湧き出るてっぺんのほうを大写し。それを横長にトリミング。やはりカッコがいい。
a0181059_11555712.jpg

山を左に見ながら、とぼとぼと歩き続け、午後3時30分、やっと徳沢の宿に着く。
a0181059_12475925.jpg


ほんとうは横尾に泊まりたかったのだが、混みすぎ。泊まった徳澤園はちょっと山小屋というより、旅館。食事は本格的、トイレは洋式、風呂もあり、タオルと浴衣もあるがバスタオルはない。ただ、部屋の造りが立派すぎ。なにもこんな山の中でという感じだった。9時消灯。

(上高地 (2)に続きます)

by otto-N | 2014-10-13 20:20 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2014-10-13 20:25
台風一過の青天に恵まれて素晴らしい
山行になりましたね!
続報が楽しみです。
Commented by otto-N at 2014-10-14 20:49 x
himeooさん、天気の悪い日が続き、みなさん一気に涸沢カールにやってきたようで、下山中にかなりの数の登山者とすれ違いました。
ただ、ナナカマドは終わったようでちょっと残念でしたが、天気は最高でした。
<< 2014.10.7-9 長野県... 2014.10.1 栃木県・鬼... >>