たかがヤマト、されどヤマト

2014.11.21 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2014.11.29 (記)

2014.11.21
11月下旬、晴れた日はムラサキツバメに限る。ムラサキシジミでもいいけれど、ここはムラサキツバメが圧倒的に多い。

ムラサキツバメのオスの輝く紫色を撮るには、とにかく頭のほうから撮ればよいことがなんとなくわかった。頭を下にしてとまらないなら、横にとまっても、頭を上にとまっても、強引に頭のほうに回り込む。4コマ目、後翅の黒縁が浮き出た。でも、色はまだまだ。
a0181059_20262592.jpg

太陽が低いせいか、頭を上にしてとまる「奴さんスタイル」。300ミリで押さえを撮り、近づいて100ミリマクロ。この300ミリ、とてもいい。どっちがマクロで撮ったのか判らなくなった。以後、近すぎて、上からしか撮れないときだけマクロ。実に安易な撮影。
a0181059_2026354.jpg

頭がを下にしてとまると、幻光ではない紫が出る。でも、輝くまでには至らなかった。
a0181059_20293042.jpg

ムラサキツバメは低い植え込みに吸汁のためやって来る。植え込みの中に潜りこみ、ときどき顔を出し、日を浴びる。なかなか出て来ないときは足で少し蹴ると顔を出す。十分吸汁したときは日光浴を始めるが、吸い足りないときは、すぐ潜ってしまうので、我慢して待つ。顔を出してもなかなか開かないのがほとんど、しばらく待つ。開かなければ次を探す。スレていたらスルー。そんな風にして撮った。
a0181059_19575585.jpg

上の5コマ目をほぼ真後ろから撮影。右が幻光、左は輝かない紫色。
a0181059_20285824.jpg

裏と表の両方は難しい。裏は暗くなりすぎてダメ。
a0181059_20264681.jpg

ぼわーっとした紫色もなかなかいい。太陽の向きで、どうしても同じ向きばかりになってしまう。この逆サイドから撮ると、前回アップしたように、ただの赤銅色。微妙な色も面白いが、今回はとにかく、ムラサキの輝きが目標だった。
a0181059_2030486.jpg

横どまり頭撮り。でも、色がいま一つ。
a0181059_2032054.jpg

ちょっと惜しかった。1コマ目は前翅が一部欠損し、新鮮な個体ではなかったが、いい色に輝いた。新鮮でなくても輝くようだ。後翅も輝いた。
a0181059_859784.jpg

この日のベストショット。ちょっと、背景がうるさいが・・・。
a0181059_20302912.jpg


ムラサキツバメのオスの紫色はとても難しい。太陽の入射角と反射角、それに翅の向きが微妙に関係しているらしい。とにかく、後ろから撮ると、ぼわーっとした幻光、前から撮ると輝く紫。もう、太陽が低いので、目よりかなり下にとまってくれないと、撮るのが難しい。オスばかりでなく、当然、メスも撮っていたのだけれど、積み残してしまった。これは、次回ということで・・・。

by otto-N | 2014-11-29 21:10 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2014-11-30 16:25
再現が難しい「ムラサキツバメ♂」の
表翅の輝きを上手く捉えて素晴らしい
写真堪能しました。
輝きだけであれば半開翅の時が、最高
と思いますが、絵的には↑の一番最後
の1コマ良いですね!
Commented by otto-N at 2014-11-30 19:55 x
himeooさん、ほんとムラツのオスは難しいです。
個体差という説もありますが、太陽の入射角と反射角で色彩が大きく変わるのだと思ってます。
もう少し納得できる写真を撮りたいです。
<< 2014.11.21 東京都・... 2014.11.19 東京都・... >>