たかがヤマト、されどヤマト

2014.11.21 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2014.11.30 (記)

2014.11.21 続き
ムラサキツバメのオスが目的だったけれど、メスも撮っておいた。メスはオスよりすぐ開翅する。ただ、多くは斜めになった葉の上で頭を上向きにとまる「奴凧スタイル」。このスタイルにはもう飽きてしまった。真後ろからではなく、少しずらして撮る。
a0181059_1944076.jpg

上より下を向いたほうがいい。
a0181059_17115935.jpg

もっと好きなのは横から撮ったとき。
a0181059_17111232.jpg

サザンカのピンクのボケを狙ってはいたが、なかなかとまってくれなかった。撮れたのは1回だけ。
a0181059_1711337.jpg

ときどき、ムラサキシジミも飛んでくる。オスのブルーは強烈だ。
a0181059_1791788.jpg

ここでは、奴凧スタイルが標準。太陽の位置が低いので、このスタイルが日向ぼっこの効率が一番よさそう。
a0181059_1726775.jpg

ベニシジミがいた。この秋、初めてだった。ヤマトシジミ、この日射しではちっともよく撮れない。
a0181059_179560.jpg

少し遠くでヤマトシジミがバタバタしていた。どうやら、メスを見つけたようだ。どうせ交尾拒否だろうと思っていたら、あっけなく成立した。その後、出遅れたもう1頭のオスがちょっかいを出す。
a0181059_17263549.jpg
a0181059_17264627.jpg

後からきたオスを追い払い、やっと落ち着いたカップル。それにしても、この300ミリ、なかなかやる。かなりのトリミング。
a0181059_172702.jpg


このポイントに着いたのは10時少し前、なんとかオスの輝く紫を撮りたくて14時まで粘ってしまった。帰ろうとすると飛んでくるので仕方がない。少しは納得できる色に撮れたけれど、まだまだこんなものじゃないはずと、ムラサキツバメ通いの日々が続きそうです。

by otto-N | 2014-11-30 21:10 | Comments(0)
<< 2014.11.24 東京都・... 2014.11.21 東京都・... >>