たかがヤマト、されどヤマト

2014.11.24 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2014.12.1 (記)

2014.11.24
天気予報では朝から晴れ。しかし、起きてみると曇り。10時すぎ空が明るくなりかけたので、日が射すことを期待してムラサキツバメを撮りに行く。

現地に着いてみると、空は再び曇り空。気温も低く、薄いダウン(ユニクロの小さく丸め袋に入るやつ。ザックの隅に入るのでとても便利)を着込み、公園みたいなところのベンチで待機。ほんの少し空が明るくなったので巡回してみると、マテバシイの樹上で飛んでいた。高くて遠いところにとまったのだが、一応撮っておく。飛び立ったので目で追うと、その辺を一巡してから、葉の間に入った。なんだ、こんなところに塒があったのか。後でよく見ると、翅を開いたメスの左のほうに6~7頭の集団が写っていた。
a0181059_1021721.jpg

この後、晴れるかと思ったらまた暗くなり、待機。もう諦め、帰りかけた時、少し日が射し始め、1頭だけ、メスを見つけた。奴凧のポーズ。
a0181059_1062222.jpg

そして、すぐ近くのエノキの幼木に移り開翅した途端、日が射さなくなった。でも、開翅を続けていた。
a0181059_10135233.jpg

これは、横ではなく縦だね、と日頃やったことのない縦型でシャッターを切り続けた。少しだけ空が明るい曇り空。絶妙なブルーだった。
a0181059_1033550.jpg


日陰の色について
近づいたとき自分の陰になっても、しばらく、翅を開いていたことがある。ホワイトバランスをいつもの晴天から日陰に直したけれど、前翅の中室が反射で白くとび、全然きれいではなかった。(2014.11.21撮影)
a0181059_1022974.jpg

オスについては、ちょっと良く、ベルベットのような青紫色。(2014.11.27撮影)
a0181059_1023923.jpg

強制的に日陰にしてもムラツが開翅していることは、稀であるけれど、曇り空のときと、部分的に日陰になっている時とでは、写り方が違うような気がする。ヤマトシジミの青メスも、自然な曇り空のときはきれいでも、自分の日陰で撮ったときには、きれいには写らない。日陰と曇りとは似たような暗さだが、どこか違う。曇り空にほんの少しの残光、これがベストかなと思っている。

by otto-N | 2014-12-01 21:13 | Comments(2)
Commented by OTTO at 2014-12-02 09:17 x
N-ottoさん、こんにちわ。
初めてコメントをさせて頂きます。東北在住のものです。
同じハンドル名の方なので、他の方のブログへの書き込みで気になっておりました。笑
貴ブログ拝見させていただき、素敵な写真がたくさん掲載されているので驚きました。
ムラサキツバメは東北ではお目にかかれないので、知り合いのつてで、何度か関東方面に出かけましたが、天候とタイミングが悪く、いい写真を撮ることが出来ずにおります。
N-ottoさんのツバメの美しい写真に見とれてしまいました。
これからも時々お邪魔させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by otto-N at 2014-12-02 20:44 x
OTTOさん、こんばんは。
ブログを始めてこの12月で4年になります。
毎年この時期にムラサキツバメを追いかけて、どう撮ればよいのかやっと解りかけてきました。
ほとんど普通種ですが、こちらこそよろしくお願いいたします。
(もう少し、ムラツが続きます)
<< 2014.11.27 東京都・... 2014.11.21 東京都・... >>