たかがヤマト、されどヤマト

ふりかえり 2014 静止 6月   2014.2.7 (記)

2014年6月
ゼフィルスの季節。ということで、毎年、同じ場所へ通うことになる。アカシジミはいつもより発生が早く、行ったころには新鮮な個体は撮影できなかったが栗の花のに埋もれ、いい感じだった。
a0181059_1203692.jpg

この公園ではなんと言ってもミドリシジミ。しかし、またもや思い通りにはならず。遠かったのでかなりのトリミング。写った翅面積は狭すぎるが、前翅がブルー、後翅がグリーン。
a0181059_1195780.jpg

チラッとブルーのメス。
a0181059_11102251.jpg

暗い木陰のミズイロオナガシジミ。葉の隙間からやっと撮る。絞り解放、1/100秒はきつかった。
a0181059_11104886.jpg

ウラナミアカシジミ。これも木陰で暗かった。何度も撮り直す。
a0181059_1111654.jpg

ウラゴマダラシジミ。昼過ぎから飛び回り、なかなかとまらない。さすがゼフィルスの一員。それでも、一瞬とまり、翅を拡げることもある。
a0181059_11113131.jpg

もう1枚。翅が透け、ゆったりした、いい感じに撮れた。
a0181059_11115766.jpg

さらに1枚。たぶん、羽化直だろうと思う。翅の開き始めるところから撮影できた。
a0181059_11121472.jpg

オオミドリシジミ。朝のバトルに勝ち残ると、一番日当たりのいい葉の上でびくともしない。葉を左手で寄せてのマクロ撮り。翅が輝きすぎ、明るさをチョウに合わせると背景がこんなに暗くなる。
a0181059_1112441.jpg

オオミドリシジミのメス。これはいつもの公園。こんな所でという場所で何頭か飛んでいた。
a0181059_11122897.jpg

我がホームグランドの自然教育園。年1回、樹上から次々トラフシジミが舞い降りる日がある。昨年は当たり年だった。しかし、スレ個体ばかりで、少しは新鮮なものを探す。背景に難あり。
a0181059_111352.jpg

福島に山登りに行ったときの道の駅でのヒメシジミ。交尾写真はそんなに好きではない。しかし、大きく翅を開き、腹部をぐぐっと湾曲させたオスに力強さを感じた。
a0181059_11142316.jpg

山梨に行く。アサマシジミ。うーんと唸るばかりの青鱗粉。でも、簡単に翅を開くので撮りやすいのは確かだった。
a0181059_11135231.jpg

上の個体とは違う場所。地域差なのか、青部分が広い。木陰だとやはりブルーが綺麗に写る。
a0181059_11131755.jpg

本命のクロミドリシジミ。クズの葉に次々降りた(降ろした)ものの、曇っていた空がなかなか明るくならず、オスは開翅もせずに次々に飛び去った。もうダメかと諦めていたところ、思いがけない所に1頭。これに賭けた。開き始めた瞬間は忘れられない。
a0181059_11143840.jpg

メスは2頭残っており、2頭ともおずおずと翅を開き始めた。目より下の方を集中して撮った。
a0181059_11145381.jpg


6月はとても忙しい。天気によって行くところを決めるのだが、なかなか天気予報どおりとはいかず、1回ではすまないことがほとんどだった。しかし、予報通りではないほうが、思ってもみなかったいい結果となることもある。結局は、撮れたらラッキー、撮れなかったらまた来年、と諦めることに慣れてきた。全部叶ったら目標がなくなる(ただの負け惜しみ)。

by otto-N | 2015-02-07 20:31 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2015-02-08 09:40
>撮れたらラッキー、撮れなかったらまた来年
昨年は、長野県の山中まで出かけて「アサマシジミ」
惨敗に終わりました。今年こそは写したいです。
Commented by otto-N at 2015-02-08 20:13 x
himeooさん、毎年毎年、撮れないものが蓄積しております。
でも、それでも少しずつは撮れてはいます。
体が破綻する前に何とかしようと思っていますが、始めたのが遅すぎたので、それはそれでいいかと観念してます。
アサマはヤマトの延長線上にあり、一度は見てみたいチョウでした。
<< ふりかえり 2014 静止 7... ふりかえり 2014 静止 5... >>