たかがヤマト、されどヤマト

2015.3.2 江戸川河川敷 モンキチョウ (2)   2015.3.6 (記)

2015.3.2 続きです
さて、オス。この走りやすい土手斜面にあった1本だけの菜の花。追いかけていたところ、急にとまった。
a0181059_11253171.jpg

メスを探して速く飛び回るオスを撮るのは難しかった。まだ数は少なく、1頭見つけるたびに走って追いかける。ときどき、すとんと叢に休む。完全な保護色で、すぐには判らず。飛び上がるところを撮ろうとするのだが・・・。
a0181059_11241368.jpg

撮れたーと思ってたけれど、一部欠損。
a0181059_1128985.jpg

土手の上は遊歩道。ときどき、ウォーキングの人や自転車が通る。
a0181059_11242894.jpg

ちょっとピンボケだが、初々しいイエローモンキ。
a0181059_11262149.jpg

これが、この日の一番かな。翅の先端はブレていた。シャッターは1/4000。冒頭の菜の花の少し下。
a0181059_112627.jpg

午後は少し離れた場所に移動する。鉄道橋と送電塔のある場所だ。赤と白の高い塔を背景に入れようとするが、メス探しのオスを捉えきれない。基本的にオスは風上に向かって飛ぶ。それと平行に息を切らしながら追いかける。
a0181059_112439100.jpg

あと10cmが届かない。後ろにも目があるのか。完全に見切られている。弱気の置きピン35cm。それでも捉えきれない。ピンが合っても、チョウは小さすぎる。(トリミングしたいところだが・・・)
a0181059_11245547.jpg


探雌飛翔中のオスは速いし、追いついたと思っても寸前でかわされる。待ち構えていても、2m前で横に逃げる。柔らかい草の上、1本30mの中腰全速力疾走、冬だからできること。何本ダッシュを繰り返したことか。チョウがくたびれるか撮影者がダウンするか、バトルは続く。

by otto-N | 2015-03-06 17:01 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2015-03-07 12:01 x
この時期、モンキチョウの飛翔はちょうど良い(と言うか手強い)練習相手ですよね。
色々なことを試しながら、結果を見るのが楽しみですね。
モンキチョウのオスを相手に30㎝以内に近づくのはほんとに難しいです。
こちらでは走りにくいので全力疾走はほとんどしませんが、それでも気持ちの良い汗がかけます。
Commented by otto-N at 2015-03-07 19:59 x
ダンダラさん、モンキチョウは手強いです。
羽化直などゆっくり飛ぶ個体しか撮れないのですが、それでも外しまくりでいやになります。
走りやすい場所なのですが、この翌々日の出撃(まさに出撃です)から帰る途中、長い階段を上った直後、両太腿がつってしまいました
<< 2015.3.4 江戸川河川敷... 2015.3.2 江戸川河川敷... >>