たかがヤマト、されどヤマト

2015.3.5 江戸川河川敷 モンキチョウ (1)   2015.3.10 (記)

2015.3.5
モンキチョウのオスは速すぎて撮れない。フレームに入らないのと、置きピンの30cm以内に近づけないのがその理由。しかたがないので、これまで使っていたペンタックスの21ミリ単焦点を諦め、タムロンの17-50ミリズームを持ち出した。このズームは最短距離が27cm。モンキチョウのオスには35cmくらいしか近づけないのだから、距離的には問題はなく、フレーム・アウトの確率も下がるはずだ。

と言うわけで、また河川敷にやってきたけど、前日とは、うって変って北風、少し寒い。モンキチョウもたまにしかやって来ないが、見つけたらダッシュし追いかける。確かに17ミリだと、フレームに入る確率は高そうだ。探雌飛翔中のオスも少しはかすってくれる。しかし、ピントは微妙に合わない。それよりも、チョウの画面に対する大きさが小さすぎた。
a0181059_12231821.jpg

ピントが合ってもチョウが小さくしか写らないので、やむなく、以下、一律80%にトリミングした。それにしても、モンキチョウが少ない。1頭が巡回している印象だった。飛翔は速く、追いつくのがやっと。
a0181059_12245188.jpg

川に向かっては逆光。右にスカイツリーが少しだけ写っていた。ほんのかすか。もっと絞ればいいのだろうが・・・。
a0181059_12243749.jpg

モンキチョウはパタッとで出なくなったので、場所を移動。その途中、メスが風上に向かって飛んでいたので、青空バックになるように追いかける。
a0181059_12235495.jpg

土手の上の遊歩道に自転車に乗った人影。「モンキと一緒に撮ってよ」とおっしゃられる。こちらは、息が上がっているというのに、何というわがままな注文。ハイハイ、要望にお応えします。いい感じに入りましたよっ。
a0181059_1224513.jpg

風上に向かって懸命に飛ぶ。いつもより遅いけれど急に進路を変えるので、追いかけるほうも大変なのだ。
a0181059_12242027.jpg

たまには縦型でシャッターを切る。ええ雲だ。
a0181059_19445053.jpg

ついに、撮影者の息が切れてジエンド。
a0181059_12251148.jpg



モンキチョウ (2) に続きます。

by otto-N | 2015-03-10 15:29 | Comments(4)
Commented by Favonius at 2015-03-11 00:04 x
17-50mmは大口径ながら小型軽量化と高性能化
を達成…やはり飛翔に優れた1本ですかね。
被写体の捉えよりも、肝心な色調が上手く表現されて
おり、特に雄の色飛びない黄色はお見事ですね。
背景のざわつきや諄さもなく、素敵な作品の数々。
次回の良い参考になりました。
Commented by ダンダラ at 2015-03-11 10:27 x
この時期はいろいろ試す時期でもありますね。
同じようなことで私も魚眼にテレコンを付けてみましたが、動作不良があったり、画質に不満があったりでだめでした。
間合いに入れないなら、別の単焦点を考えようと思っていますが、別の気になるレンズもあり今はもう少し使ってみようかと思っています。

それにしても縦位置の写真は素晴らしいです。
Commented by otto-N at 2015-03-11 16:53 x
Favoniusさん、このレンズは久しぶりに使いました。
いつもの21ミリより被写界深度が深い気がしますが、やっぱり近づかないと迫力が出ませんね。
色調はカメラ(ペンタックス)のせいだと思います。
ただ、黄色を飛ばぬように調整すると、青空がどぎつくなってしまうようです。
Commented by otto-N at 2015-03-11 17:04 x
ダンダラさん、魚眼にテレコンというのを使ってみたいのですが、費用と重さで躊躇しています。
結局、近づかないと撮れたとしても迫力に欠け、色々悩んでいます。
いつも使っている単焦点21ミリは軽いので、水平がとりやすく、ズームより単焦点のほうがいいのかなぁと感じています。
ありがとうございます。縦位置も軽いと撮りやすいです。
<< 2015.3.5 江戸川河川敷... 2015.3.4 江戸川河川敷... >>