たかがヤマト、されどヤマト

2015.3.26 東京・早春の雑木林 (2) ミヤマセセリ   2015.3.31 (記)

2015.3.26
コツバメ・ミヤマセセリ第2戦。この日も気圧配置は西高東低、晴れていても北風が強い。気温も低め。目標は飛翔撮影。

10時到着、コツバメを1枚撮る。
a0181059_14411916.jpg

その後は、15ミリ広角(+1.4倍テレコン)で飛翔を追いかける。しかし、惨敗。11時にはこの場所でのテリ張りは(いつものように)終了したので、花の咲く空地に移動。ここでも飛翔を撮ろうとするが、ピンが来ていたのは3、6コマ目だけ、とにかく惨敗。
a0181059_1448141.jpg

飛翔を撮るのが主目的だったけれど、保険として静止も撮っておいた。
a0181059_14493934.jpg

ポツンポツンと菜の花。
a0181059_23183871.jpg

順光ばかりで飽きたので逆光側にも回る。縁毛の青光狙いだったが、思ったようには光らず。背景の黄緑色のボケもなかなかいい。
a0181059_14492831.jpg

どういうわけか突然の露出オーバー。でも、金色に輝く翅。これはこれでいい。 (→スポット測光になっていた。ということは、昨年のルーミス以来!)
a0181059_1523819.jpg

越境してしまった。
a0181059_15103987.jpg

ミヤマセセリは枯葉の上にとまると判らなくなってしまう。
a0181059_15263674.jpg

一度メスを見たが撮ることはできず、ことごとくオス。
a0181059_1450133.jpg

小さな花でも懸命に吸蜜する。1コマ目、スミレの中になぜか園芸種のムスカリも混じっていた。
a0181059_14501515.jpg

やはりヒメオドリコソウが1番いいようだ。
a0181059_15411214.jpg

翅を閉じたと思ったら、吸うのを止めていた。
a0181059_15413713.jpg

少しだけ翅を開いた。真後ろからでは、オオイヌノフグリの青い星は写らない。
a0181059_1542262.jpg

オオイヌノフグリで吸蜜するルリシジミ。実はこのルリシジミ、前日に撮影した積み残し。
a0181059_14505426.jpg

21ミリでの飛翔も撮れていた。
a0181059_14504078.jpg


レンズを、いつもの21ミリではなくて、1.4倍テレコンを挟んだ15ミリにしたのに、フレーム入らないのではしょうがない。速くて近づくことができなかった。第2戦も完敗。

by otto-N | 2015-03-31 20:56 | Comments(0)
<< 2015.3.27 東京・早春... 2015.3.25 東京・早春... >>