たかがヤマト、されどヤマト

2015.4.20 東京・中目黒 ツバメシジミ   2015.4.27 (記)

2015.4.20
午後、少し空が明るくなったので、歩いて20分ほどの公園にツバメシジミを探しに行く。

今年は、残念なことに、今年はツバメシジミの集まるポイントの雑草が刈り取られ、いつものように枯草の背景のツバメシジミを撮ることができないので、つまらないかもしれないと思っていた。ポイントに着くと、1頭のオスが飛び回っていた。しかし、かなりのスレ個体。メスは見つからなかったが、しばらくするとそれらしいものが飛んできた。でも、ヤマトシジミだった。
a0181059_2031040.jpg

空が暗くなりはじめ、ツマキチョウが眠る場所を探しているようだった。ネギ坊主の頭にまとわりつく。
a0181059_2032442.jpg

ムラサキハナナにもじっととまっているツマキチョウを見つけた。そして、雨がポツポツ。
a0181059_2031072.jpg


2015.4.21
朝から晴れ。自然教育園に行く前に近くのヤマトシジミの溜まり場に寄ると、1頭だけオスが飛んでいた。新鮮だと、春のオスはとても綺麗だ。
a0181059_2032337.jpg
a0181059_2032221.jpg

自然教育園ではトラフシジミは粘っても現れなかった。午後、中目黒の公園にツバメシジミを探しに行く。しかし、ツマキチョウが飛んでいるだけ。することもないので、300ミリで飛翔を狙うが、ピントが合ったのは1枚だけ。それも遠かった。
a0181059_20404459.jpg

ときどき、花にも訪れる。菜の花やカラスノエンドウでも吸蜜するが、花壇の花でも吸蜜をする。花壇の園芸種に一番似合うチョウはツマキチョウだと思う。もう都会のチョウだ。
a0181059_2043284.jpg

そうこうしているうち、ポイントには大型のメスが飛んで来た。翅裏の銀色と青みがかった黒い翅裏がチラチラと美しい。とまるのを待つ。青面積は小さいもののとても綺麗なメスだった。ときどき、飛んでは葉上で休む。
a0181059_204456.jpg

風に揺られピントがなかなか合わなかった。
a0181059_204405.jpg


2015.4.23
晴れたので自然教育園に行くが、トラフシジミは現れず。自宅に戻る途中、ヤマトの溜まり場にいたコミスジ。。
a0181059_22174054.jpg

と、ツマキチョウ。
a0181059_22475672.jpg

3時すぎ、中目黒の公園に行く。ツバメシジミのメスが出てきた。これまでで撮ったなかで、一番青いメス。
a0181059_205581.jpg

いつまでも、風に吹かれて翅を拡げていた。枯草がなくなったせいか、スズメノカタビラ?の背景はなかなか美しい。うーん、日射しがもっと薄ければ・・・。
a0181059_2053129.jpg

ヤマトシジミのオスども。全般的に黒斑が薄い。残念ながら翅は開かず。まだ明るいというのにお休みモード。
a0181059_2054557.jpg


この公園の草刈りが年々丁寧になってきたので、春先には残っていた背の高い枯草がなくなり、ツバメシジミの集まるポイントが変わってきた。数も少なくなったような気がする。それでも、待っていると飛んで来るというのは、けなげというか、とても可愛い。アップで撮るともの凄くゴージャス。残念ながら、ヤマトの青メスはツバメの青メスに足元にも及ばない。

by otto-N | 2015-04-27 18:52 | Comments(2)
Commented by LUFFYY at 2015-04-27 19:57
ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ツマキチョウ
究極の理想のカットです
見せて頂いてありがとうございます!
Commented by otto-N at 2015-04-28 19:39 x
LUFFYYさん、ピントをはずさないため、静止画像はいつも日の丸構図で撮り、あとから適当にトリミングしています。
逃げられなかったら、枚数も撮ってます。
いつかはノートリでと思っていますが、キツイです。
<< 2015.4.22 東京・多摩... 2015.4.17 東京・白金... >>