たかがヤマト、されどヤマト

2015.6.24-25 福島県・奥会津 (2) ヒメシジミ   2015.7.3 (記)

2015.6.25 AM
2年前にも泊まった、おばあちゃんが1人で切り盛りしている民宿に泊まった翌朝は、ヒメシジミと遊ぶ。午後のJRで帰る予定だったけれど、柴田さんが郡山まで送ってくださるというので、その厚意に甘え、夕方までいることにした。

前日にもヒメシジミを探したけれど、新鮮な個体がいない感じだったので、せめて只見線の線路を背景にヒメシジミの飛翔を撮ろうと線路脇を少し歩いた。しかし、ヒメシジミは1頭しか見つけられず、結局前日のポイントに戻った。ヒメシジミの数は多いがほとんどスレ個体ばかり、撮る気がおこらずいきなり飛翔撮影に入った。背景がとてもいい雰囲気の場所だ。
a0181059_17313899.jpg

しかし、気持ちのいい背景はちょうど逆光で、ヒメシジミがうまく撮れない。そのうち、新鮮個体もポツポツいることが判ったので、新鮮個体を探し静止を撮影した。
a0181059_17254153.jpg

ヒメジョオンが美しい。
a0181059_17261025.jpg

暑くなってきたので開翅は諦めていたけれど、開いてくれた。
a0181059_17255765.jpg

その辺をウラギンヒョウモンが飛び回っているが、全然とまらない。オカトラノオの群落を見つけ、近寄ってみると、ウラギンヒョウモンが吸蜜していた。
a0181059_17522111.jpg

道路の反対側に行くと、農道のシロツメクサにヒメシジミが群がっていた。どうやら、ヒメジョオンよりこっちのほうが好きらしい。でも、みんなボロだ。
a0181059_17334052.jpg

奇麗なメスがときどき飛んでくる。とまっても開かないので飛翔を撮った。
a0181059_174785.jpg

吸蜜に余念がないオスも、そこそこ絡んでくる。
a0181059_17465222.jpg

オスも新鮮であれば申し分ないのだが、破れオスもはなかなかいい感じだ。
a0181059_19544263.jpg

気温が上がり、新鮮なオスは全く開かない。陰を作ってみたら開いた。日を当てるとすぐ閉じる。左手だけではうまく行かず、真上からしか撮れなかった。撮影時間は違っていたけれど、同じ個体のようだった。
a0181059_17264289.jpg

新鮮なオスは、広い所に出てくるよりも藪の中を飛び回っていた。メスを探しているらしい。
a0181059_17474983.jpg

いつまでたっても、背景がごちゃごちゃのこんな画像しか撮れなかった。晴れているせいか、翅表の色は灰色がかり、ヤマトシジミと変わらない。
a0181059_17473796.jpg

最初来た場所に戻り、飛翔を狙うが相変わらずだった。でも、薄暗い中でミドリシジばかりを撮っていたので、こんな明るい中での飛翔撮影はとても楽しかった。そろそろ、11時。柴田さんから、「今、着きました」とのメール。
a0181059_19513396.jpg

さて、夕方までどうしょう。とりあえず、前日、栗の花にオオミスジが来ていたという場所に行く。しかし、オオミスジらしい姿は2回見たけれど、栗の花には来てくれず、高いところで吸蜜するメスグロヒョウモンを見上げ続けた。
a0181059_209342.jpg

低い場所には来たのはキバネセセリだけ。
a0181059_2093157.jpg

この場所は広い休耕地の一角。あいかわらず、ウラギンヒョウモンが探雌で飛び回っている。さんざん走り回っても、外してばかりいた。撮れたのは叢の中ばかりだった。
a0181059_20172873.jpg

オオミスジかと思ったら、ミスジチョウ。
a0181059_2095191.jpg

引き揚げようとしたとき、突然舞い降りてきたメスグロヒョウモン。
a0181059_20101685.jpg


午後1時、オオミスジを諦め、近くをドライブ。前日も、桐の古木のある河岸段丘を探して走り回ったそうだ。夕日の当たりそうな、キマルリが集まりそうな、そんな場所はいくつかあった。しかしながら、キマルリが出てくるのは4時すぎ。1日では1ポイントしかチェックできない。3ポイントで3日もかかってしまう。地元の人しかムリだろうということに話は落ち着いた。それにしても、桐の木はいたるところに植えられていた。


(午後の部に続きます)

by otto-N | 2015-07-03 11:28 | Comments(0)
<< 2015.6.24-25 福島... 2015.6.24-25 福島... >>