たかがヤマト、されどヤマト

2015.7.2 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2015.7.7 (記)

2015.7.2
雨が止んだので、100ミリマクロを持って近くを散歩する。

久しぶりのSビール本社前、雨が上がったばかりなので、何も飛んでいない。それでも、しばらくすると、ヤマトシジミのオスが飛んできたけれど、どれもスレ個体。そして、メスも出てきて吸蜜を始めた。傷んではいるけれど、背景がいい。裏翅の透けを出すため、明るくしたが、やりすぎか。逆光はむずかしい。
a0181059_13462881.jpg

新鮮なオスがやってきて、吸蜜中、長々と開翅。少し暗いが、ヤマトの夏ブルーはこんなもん。
a0181059_13492057.jpg

モンシロチョウが数頭飛び交い始めたので、100ミリマクロで飛翔撮影の練習。シャッタースピードは、翅先はブレてもいい1/1000。置きピンの位置をどこにするかが問題。花の上か、右か、左か。俯瞰的に撮ると、背景がつまらない。
a0181059_13531014.jpg

顔だけにピン、向きはこっち。一番よかった。
a0181059_13542311.jpg

アゲハチョウ、クロアゲハの他、モンキアゲハ(ここで初)までやって来たけれど、マニュアルフォーカスでは全然撮れなかった。イチモンジセセリとアゲハチョウがとまったので撮っておく。
a0181059_13573030.jpg


2015.7.3
よく続いた雨も、午後には小休止。ヤマトシジミのメスを探しに出るが見つからず、オスばかりが2~3頭というところ。ピカピカの個体もいた。
a0181059_141347.jpg

飛び回っているオスが急にとまったらメスがいる証拠。オスの前のメスが翅を少し翅を開いたら、とても新鮮だった。ちょっとかわいそうだったが、オスを追い払う。オスもメスも飛んでしまったが、メスだけを追うと、いい位置にとまった。向こうはアガパンサスのブルー。
a0181059_1415181.jpg

しかし、翅を閉じたまま全然動かない。そのうち、また雨。もはやこれまでと、近くで買い物を済ませ自宅に戻ると雨が止んだので、今度はLEDライトを持って出た。もういないかと思ったら、まだ同じところにいた。ちょっと光を当てるとすぐ、開いてくれた。
a0181059_11311622.jpg
この後、テングチョウが近くで開翅したが、ピントを合わせている最中に飛ばれた。ここでテングチョウを見るのは初めてだった。

by otto-N | 2015-07-07 13:19 | Comments(2)
Commented by Shin at 2015-07-07 20:46 x
飛翔写真と4K動画が撮りたくて衝動買いしたカメラですが、2日ほど徘徊したが曇天でチョウはいないしそれ以後は雨続き
秒30コマで29分間連続撮影できると言うカメラも出番無し
Commented by otto-N at 2015-07-08 18:12 x
Shinさん、試し撮りなら、Sビール本社前の花壇へどうぞ。
アガパンサスにアゲハ類が来ます。今日は、ナミ、クロの他、モンキがいました。
バイク専用駐車場もありますが、不意の雨のことを考えると電車がいいです。
<< 2015.7.8 東京・恵比寿... 2015.6.24-25 福島... >>