たかがヤマト、されどヤマト

2015.7.26-29 富山県・立山 (5) 奥大日岳   2015.8.14 (記)

2015.7.29
最終日。明け方には雨が止み、少しずつ天気が回復しているようだった。尾根道や頂上から剱岳が一望できるという奥大日岳(2606m)に登る。一度、雷鳥沢キャンプ場まで下り、雷鳥坂に曲がらずそのまま斜めにだらだらと登って行くようだ。奥大日岳は、この写真の左にあるはずだが、写っていなかった。7時出発。
a0181059_20261176.jpg

少し登ると木道のある湿地。雨に濡れた花を見ながら進む。多い青空が少しずつ広がり、短いが急な雪渓に出る。
a0181059_20262323.jpg

雪渓を抜け出ると、雷鳥の鳴き声。母鳥はすぐ判った、雛たちは茂みの中に5羽。でも、ちょこまか動くので、撮れたのは4羽だけだった。食べ物探しに余念がない。
a0181059_20263543.jpg

急斜面の後、苦あれば楽あり、平らな所に出ると、左に見える室堂方面はガスが薄れてきた。
a0181059_2027658.jpg

お花畑の中をだらだらと登る。雲が薄れ、立山も姿を現した。4コマ目、右手に見えた奥大日岳の直下の雪渓。
a0181059_2222877.jpg

まだ剱岳は見えなかった。もう少しの辛抱か。
a0181059_20271639.jpg

雲が切れるのを待つが、なかなか山頂は姿を現さないので先を進むと、一瞬、雲の間から山頂が見えた。すぐ雲の中に消えるので、とにかく、シャッターを切る。
a0181059_2142735.jpg

左に剣岳、右に立山の大パノラマ。
a0181059_20274144.jpg

雲は流れているのではなく、同じ所で湧く。立ち上がる雲は地獄谷から出る噴煙と一体化しているようだった。
a0181059_22205966.jpg

チングルマに気をとられていたら、前方にベニヒカゲが飛んでいた。10mほど谷のほうに降りて葉の上にとまる。それほど急ではなかったので、押さえを2枚撮ったところで飛ばれ、さらに下へ行ってしまった。個体差なんだろうか、紅紋の中の黒班がずいぶんと小さい。
a0181059_22212142.jpg

晴れそうで晴れない登山道。エンレイソウ、終わりかけ?のキヌガサソウ、イワオトギリ。
a0181059_2144764.jpg

剱岳はまだ雲の中。
a0181059_2171051.jpg

だらだら続く長い道。ここのハクサンフウロの色はとても濃い。現れ始めたシナノキンバイ。残念ながら、両種とも本来の色が全然出ていない。
a0181059_9233962.jpg

剱岳は、山頂しか見えなくなっていた。
a0181059_9244729.jpg

何とか雲が去って欲しいと思うのだが、同じところで雲がいつまでも沸いていた。
a0181059_9241953.jpg

この日、2回目の雷鳥。雛は遠くに1羽だけ見つかった。
a0181059_9251249.jpg

雷鳥のいた尾根筋はシナノキンバイがたくさん咲いていた。その先から急登。
a0181059_10374963.jpg

あれがピークと思ってもまだ先があった。だらだら登りであったけれど、結構ガレていた。周りはコバイケイソウばかり。この緑色のは何だろうと撮っておいたら、バイケイソウだった。全然きれいではない。稀に、この中間のコシジバイケイソウという種もあるとのこと。この斜面でベニヒカゲと2回遭遇。1頭はシャッターを切る寸前飛ばれてお終い。
a0181059_1038860.jpg

ハクサンフウロ、日陰で見つけたツマトリソウ、シナノキンバイ。
a0181059_21112310.jpg

尾根に出る曲がり角、緑色の花と思ったらシナノキンバイだった。蕾は緑、花が開き始めると黄色になり、最後は橙色っぽい黄色になるようだ。
a0181059_2192045.jpg

最後の尾根道は、見事なお花畑だった。どうやら雪渓が溶けたばかりのようだ。ハクサンイチゲ、シナノキンバイその他が咲き誇る。小さな池の先が頂上だった。ここでもベニヒカゲが1頭。しかし、とまる気配はなかった。
a0181059_2111415.jpg

2コマ目は典型的なハクサンイチゲ。1コマ目はシナノキンバイ風、3コマ目はミヤマキンポウゲ風のハクサンイチゲ。立山には、「タテヤマチングルマ」がというピンクの花弁のチングルマがあるという。でも、結局、見つけることはできなかった。
a0181059_2195160.jpg

9時30分、山頂到着。さて、剱岳はというと、相変わらず雲の中。これが精一杯だった。
a0181059_211577.jpg

剱岳は全く雲の中に隠れ、姿を現さなくなったので下山開始。花を撮りながらガレた登山道をゆっくり下る。明るいがガスが漂う。
a0181059_21424845.jpg

地獄谷からの噴煙。硫黄で黄色くなっている所も見える。
a0181059_21452387.jpg

登る時には気がつかなかった花もあった。オオバキスミレと思ったけれどキバナノコマノツメ、ヒメクワガタ、モミジカラマツ、最後は変な木の花オオヒョウタンボク。
a0181059_22335043.jpg

あいかわらず、剱岳のある左からガスがやってくる。当然、剱は見えない。
a0181059_21455568.jpg

室堂乗越付近。湿地性の花が多い。ミヤマリンドウはよく見れば、鮮烈なブルーから淡いブルーまで色が変化に富んでいる。
a0181059_23105185.jpg

朝、雪渓の近くにいた雷鳥はおらず、キャンプ場の見える木道まで降りてきた。
a0181059_21463647.jpg

川を渡り、雷鳥沢のテント場で、一休み。なにしろ、ここからの石段がけっこうきついのだ。
a0181059_2147274.jpg

12時、雷鳥荘に帰還。預けてあった大きいザックを受け取り、室堂ターミナルに向かうころには、空が晴れてきた。
a0181059_21471616.jpg

みくりが池。やはり、午後がいい。(1枚では収まらないので2枚の合成)
a0181059_21472910.jpg

トローリーバス、ケーブルカー、ロープウェイと順調に乗り継ぎ、黒部ダム。観光放水の虹。
a0181059_21474655.jpg


初めての立山。天候にも恵まれ、とても楽しかった。宿泊した雷鳥荘は、山小屋というより旅館(ウォシュレットだしね)。食事もいいし、掛け流しの温泉も広くて素晴らしい。個室もとれたし、スタッフの皆さんも親切で何も言うことがなかった。500mLの缶ビールは500円。室堂ターミナルでも500円。最終日、奥大日岳から帰ってきたとき、女性を含む雷鳥荘の若いスタッフが汗だくでボッカしていた。500円は安いくらいだ。

扇沢まで帰ってきたら、さすがに暑かった。駐車場は満車。春に停める所は大工事中。爺ヶ岳への登山者も遠いこちらへ来て停めているようだった。中央道は渋滞もなく順調、自宅到着は午後7時。夜は羽毛布団の室堂だったので東京の暑さにはぐったりで、何をするにも気力がわきません。記事を書き終えるまで半月も経ってしまいました。

by otto-N | 2015-08-14 20:20 | Comments(0)
<< 2015.8.3 東京・明治神... 2015.7.26-29 富山... >>