たかがヤマト、されどヤマト

2015.9.22 東京・恵比寿Sビール本社前 カラスアゲハ   2015.10.2 (記)

2015.9.22
重い300ミリを持って朝の散歩。彼岸花にアゲハが来ていた。ところが、300ミリのAFが全く作動しない。しかたがなくMFでピントを合わせる。
a0181059_13391482.jpg

飛び立つところを狙うのだが、うまくいかなかった。背景が暗いので、ピンボケ、白とび。
a0181059_1340515.jpg

アゲハが複数飛び回っている中、カラスアゲハのメスがよたよたとやってきた。日の当たるところではピントは合わせやすいのだが、それでも外しまくりだった。日向の彼岸花はもう枯れ始めていた。
a0181059_13394566.jpg

木陰には、まだ新鮮な彼岸花。暗くてまるでピントが合わない。ピントマークの点灯だけが頼り。F4開放。シャッタースピードも速くできない。
a0181059_13401966.jpg

そうか、彼岸花は暗いといいのか。嫌いな彼岸花を見直した。赤と黒と緑。しかし、ピンボケは相変わらず。
a0181059_1339313.jpg

アカボシやウラギンシジミも来たが、ムラサキツバメのメスが来た。ここでは、この数年で2回目。どこにマテバシイがあるのか判らない。
a0181059_13411817.jpg

この日は休日だったことに気がつき、渋谷のヤマトシジミを見に行くことを思いつく。自宅に戻り、広角だけ持って渋谷の駅前に向かう。しかし、花壇の花はさえなくカタバミもなく、ヤマトは見つからない。スクランブル交差点では、赤信号になるたびに交差点に飛び出し、結婚式の写真を撮っていた。こんなの初めて。コングラッチュレーション。
a0181059_13413218.jpg

自宅へ戻る途中。恵比寿ガーデンプレースのシャトーレストランの横。花壇にイチモンジセセリが多数。
a0181059_1342781.jpg

逆光だと、斑紋が光に透ける。
a0181059_13421553.jpg

順光ではくっきり撮れるが、背景がイマイチだった。
a0181059_1342395.jpg

一応、ビルとビルの間に来るように狙う。
a0181059_1342577.jpg

ビュンビュン飛び回るイチモンジセセリ。撮ったらきりがない。
a0181059_13422647.jpg

目線ももらったし、これでお終い。
a0181059_13431697.jpg


毎日のように近くで何も珍しくもないチョウを撮る。PCで画像を確認し少し編集してみると、思ってもみなかったことに気がつく。それは、撮影のアングルであったり、チョウの背景であったりするが、ほとんど、どうしてもう少し右から撮らなかったのか、どうしてシャッターを切れなかったのかという反省ばかり。嘆いてばかりいるのだが、撮影は偶然の産物、こうやってまとめてみると結構楽しい。

by otto-N | 2015-10-02 20:22 | Comments(2)
Commented by yurinBD at 2015-10-02 22:07
都心のビルを背景に飛ぶイチモンジセセリ、
カッコいいですね!
ヒガンバナとカラスアゲハの組み合わせも
綺麗ですね!
Commented by otto-N at 2015-10-03 20:11 x
yurinさん、地元のチョウをカッコよく撮ることに腐心しています。
びゅんびゅん感が出たと思います。
ヒガンバナの群生はありませんが、ときどき咲いています。
群生地より花が少ないのでし、少ない花にアゲハが執着し、かえって撮りやすいかもしれません。
<< 2015.9.23 東京・恵比... 2015.9.19 東京・恵比... >>