たかがヤマト、されどヤマト

2015.9.30 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2015.10.11 (記)

2015.9.30
そろそろムラサキのシーズン。自然教育園に出かける。快晴。レンズは100ミリマクロ(+1.4倍テレコン)と15ミリ広角。

すぐにムラサキシジミのメスが降りてきた。ここでは、路上や下草で吸水(吸汁)し、そのついでに、翅を開く。ウラギンシジミ、ムラサキツバメも同様。2コマ目、翅の傷んでいたムラサキシジミのオスを少し追いかけた。
a0181059_9455791.jpg

上のムラサキツバメと同じメス。結局、ツバメは1頭しか現れなかった。
a0181059_9463445.jpg


2015.10.9
長野で山歩きをした翌日、晴れているが台風の名残りで少し風が強い。気温も少し高いせいか、なかなかムラサキは現れなかった。キタキチョウがアザミにやってきていたので、これを撮りながら待った。せっかくピンが来ても、まともに光を反射すると黄色が全部とんでしまいボツの続出。晴れた日のキタキチョウはむずかしい。
a0181059_9472930.jpg

アザミの花は花束のように咲いていたのだが、ピンが来たのは淋しい花の前ばかりだった。
a0181059_10245173.jpg

ゴマダラチョウが吸水にやってきたがすぐ飛び去ってしまう。ミゾソバ吸蜜のキタキチョウは貴重。ムラサキツバメのオスが降りて来たが、気温が少し高いせいか開かず。別な場所では、テングチョウが花に来ていた。郊外ではあまり撮ることはないけれど、ここでは珍なるチョウ。
a0181059_20332321.jpg

ウラギンシジミは翅の先が尖んがり、秋型になってきたようだ。
a0181059_947564.jpg

ムラサキシジミは10時半すぎ、やっとお出ましになった。しかし、いい位置で撮れたのはこの1枚だけ。
a0181059_9483219.jpg

路上吸水のツバメシジミ。ヒカゲチョウが多かった。何とか1枚。
a0181059_10195146.jpg

出がけに自宅近くで撮ったヤマトシジミはまだ夏仕様。青いメスもいたけれど、すでに翅が傷んでいた。そろそろ、スーパーブルーをまじめに探しますかな。
a0181059_10242496.jpg


by otto-N | 2015-10-11 20:02 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2015-10-12 18:57 x
そろそろムラサキシジミのシーズンですね。
自宅近くではまだ見かけませんが、この時期にこんなにきれいに翅を開くのですね。
それに、ゴマダラチョウが新鮮なのには少々びっくりです。
今年はゴマダラチョウもアカボシゴマダラも数が少ないような感じがします。
Commented by otto-N at 2015-10-12 20:42 x
ダンダラさん、この場所では9月中旬から吸水や吸汁のため、路上に降りてきます。
まだ気温が高いせいか翅をなかなか開きませんが、これからはすぐ開翅するようになります。
今年はここに来るたびにゴマダラチョウを見ていましたが、撮影できたのは初めてです。
鮮度もさることながら、大きいことには驚きました。
<< 2015.10.6-8 長野県... 2015.9.28 東京・恵比... >>