たかがヤマト、されどヤマト

2015.10.30 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ(2)   2015.11.6 (記)

2015.10.30 続き
河川敷にある堤防は、草刈りが入ってからしばらくたったと思われ、草丈が20~30cm。ヤマトシジミを追いかけるにはちょうどいい高さ。柔らかいし、石もないので、足元を気にする必要は全くない。カタバミの群落を背景に飛んでいる姿を目論んだのだが、カタバミは背の少し高い草の中に隠れてしまっており、イメージ通りにはいかなかった。
a0181059_16133099.jpg

スーパーブルーを少し追いかけた。オスに見つからなかったので。一気に遠くまで飛び去るということがなく、ゆっくりと飛んでいたけれど、思ったほど撮れなかった。
a0181059_1614641.jpg

スーパーブルーの飛翔全開。でも、光が強すぎてブルーが出ない。もっとも、曇っていれば、ストロボを使わない限り、シャッタースピードが間に合わない。
a0181059_19201627.jpg

結局、スーパーブルーは静止を撮るに限るようだ。
a0181059_19203987.jpg

低温期型のオスが翅脈が白く輝きとても美しい。
a0181059_2021786.jpg

この白い翅脈を撮りたくて、堤防の斜面を駆けずり回った。探雌飛翔のオスは撮りにくい。ゆっくり飛んでいると思っても、急に方向転換するし、他のオスにすぐ絡まれる。オス同志の絡みというのが曲者で、せっかくイケメンを追いかけているのに、絡むとどちらか判らなくなる。
a0181059_16442514.jpg

草の中に潜り込んでも追いかけたが、一番の敵は自分の影だった。影の中に入らぬよう、とにかく、先回りするが、そうはうまくいかなかった。
a0181059_1927090.jpg

縦型でも撮った。こちらのほうが青空を入れやすい。
a0181059_2017523.jpg

白っぽくて新鮮そうなオスを探す。でも、白い翅脈をくっきり撮るのは、光の反射で難しかった。
a0181059_19272255.jpg

ちょっと翅脈の影が強すぎる.
a0181059_19353219.jpg

こんな感じに撮りたかった。残念ながら頭部がちょっとピンボケ。
a0181059_19284482.jpg

斜面にはベニシジミが多かった。片方の翅が部分的に白かったツマグロヒョウモン。モンキチョウも相変わらず飛び回っていた。
a0181059_171137.jpg

ヒメアカタテハ。赤とも朱色ともピンクともつかない色が美しい。
a0181059_17111931.jpg


by otto-N | 2015-11-06 20:20 | Comments(0)
<< 2015.11.4 千葉県・江... 2015.10.30 千葉県・... >>