たかがヤマト、されどヤマト

2015.11.4 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ(1)   2015.11.8 (記)

2015.11.4
朝、所用があり、河川敷の堤防に着いたのは昼ころ。快晴。ヤマトシジミのメスの色が出ないので、オスの飛翔撮りに専念する予定だった。ヤマトシジミは暑いせいかあまり飛んでいない。飛んでいても、飛翔速度が速く、追いかけてもなかなか入らず、やっと最初の1枚がやっと撮れた。やったね。
a0181059_13344898.jpg

しかし、後が続かなかった。午後2時を過ぎる頃、探雌飛翔するオスが増えてきたというのに、裏翅ばかりにシャッターが同調してばかりいた。
a0181059_13405287.jpg

翅が光りすぎ背景がガサガサになるので、逆光はキツイ。順光で白い翅脈が浮き上がるけれど、横からではチョウが水平になってばかりだった。
a0181059_17562110.jpg

もっと背景が抜けた場所にとまって欲しいのだが、ヤマトはとまる場所が悪すぎ。メスは、突然飛んで来きて茂みの中に潜り込み、表に出てきたところを撮る。
a0181059_13462494.jpg

晴れすぎているので、ブルーが出ないけれど、そこそこに青いメスが思った以上に多かった。
a0181059_20484819.jpg

カタバミは茂みの中に隠れているので、撮影しにくい。
a0181059_2049867.jpg

メスのほうが飛ぶ速度は速いけれど、とまろうとするときはホバリング気味になる。このときを狙うがそんなに甘くはなかった。
a0181059_13444255.jpg

こんなのも撮れていた。青色が反射しすぎで、色がメタリックにとんだ感じ。
a0181059_13351667.jpg

よく見れば、オスは縁毛が少し痛んでいる個体が多かった。
a0181059_1465867.jpg

左のメスは、傷んでいる割には油光りがしていたので、新鮮だったのかもしれない。
a0181059_14112216.jpg

上の画像の右の個体。さらに翅を開いたとき、影を作ってもすぐには閉じなかった。JPEG撮影だが、カメラ付属のソフトでホワイトバランスを変えてみた。2コマ目:太陽光、3コマ目:日陰、4コマ目:曇天。いずれにしろ、何か変。「明るい曇り空」のようにはいかない。
a0181059_14192291.jpg

そろそろ、午後3時。お眠りモードに入りそうな個体も出てきた。
a0181059_14233164.jpg



(ヤマトシジミ(2)に続きます)

by otto-N | 2015-11-08 20:02 | Comments(0)
<< 2015.11.4 千葉県・江... 2015.10.30 千葉県・... >>