たかがヤマト、されどヤマト

2015.11.30-12.3 京都・紅葉(2) 嵯峨野   2015.12.14 (記)

2015.12.1
宿泊したのは京都駅すぐ近くのビジネスホテル。外国からの観光客でホテルが超混みで、予定していた所がとれなかった。泊まったホテルも80%は中国からの方。駅、街中、寺社とも自撮り棒が目立つ。ただ、団体旅行ではなくほとんど個人旅行のようで、とても静か。朝いちばんで嵐山に向かう。

嵯峨嵐山駅をおり、まず向かったのは清凉寺。大きなお寺だったが、中には入らず、外観だけ。
a0181059_19543766.jpg

次いで、祇王寺。初めてだったけれど、素晴らしかった。
a0181059_1956491.jpg

緑の苔の家に散り落ちた紅葉。3コマ目、ちょっとわざとらしい。
a0181059_195715.jpg

二尊院に立ち寄る。紅葉はピークを過ぎ、ご本尊は東京に出張中でなので、門から中を伺う。
a0181059_19572238.jpg

もう紅葉は終わりかなと思いながら、常寂光寺に行くと、もの凄い人出。それもそのはず、凄い紅葉だった。
a0181059_2015549.jpg

どこを切り取ってもいい。一番のお気に入りは、山門をくぐって右からの逆光の紅葉。
a0181059_202621.jpg

寒暖の差もあるけれど、数百年にわたって造園した人工の美だとは思うが、ここまでの紅葉は美しすぎる。
a0181059_2021993.jpg

落ちた紅葉に日が射し、キャンディの箱をひっくり返したような緑と黄と赤。
a0181059_2025030.jpg

撮っても撮ってもきりがなかった。
a0181059_2023535.jpg

最後は再び、最初の場所へ。
a0181059_208335.jpg

常寂光寺を出て竹林の小路に行く。ここも初めて。ぞろぞろと列をなす人出。こんなに竹が大きいとは思わなかった。歩く先の向こうがとても美しい。
a0181059_20115980.jpg

光を透かした竹林。竹林の向こうに紅葉が赤く霞む。
a0181059_20113885.jpg

竹林の脇に天龍寺。庭で有名だ。3枚のパノラマ合成。
a0181059_2012452.jpg

中に入ってみると達磨の絵。
a0181059_20131472.jpg

その隣の宝厳院。紅葉で有名らしい。今年はあまりよくないとのことであったが、そんなことはなかった。
a0181059_20145970.jpg

黄色い紅葉がアクセントのようだった。
a0181059_20151614.jpg

この庭の紅葉も見ていたらきりがない。
a0181059_20153697.jpg

桂川に出て、対岸を見ると完全な日陰。紅葉は午前中しかよくない感じ。渡月橋付近は人であふれかえっており、再び、竹林の小路へ。「黒木の鳥居」で有名な野宮神社。縁結びの神様らしいが、苔が素晴らしかった。
a0181059_101896.jpg

いったんホテルに戻り、某雑誌で紹介されていたレストランに行ったけれど、大外れ。それにしても、京都は寒い。晴れていても、ヤマトシジミの1頭も飛んでいなかった。

by otto-N | 2015-12-14 12:56 | Comments(0)
<< 2015.11.30-12.3... 日本チョウ類保全協会・企画展の... >>