たかがヤマト、されどヤマト

2016.1.5 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2016.1.7 (記)

2016.1.5
年が明けても、例年になく気温の高い日が続く。こうも気温が高ければ晴れるとムラサキツバメは塒から出て飛び回るはずと、通勤電車のラッシュに揉まれて、様子を見に行く。

10時すぎ、もうダウンを着てはいられないほどの暖かさ。塒のほとんどはもぬけの空だった。クリスマスの日にいた孤児もいなかった。塒の近くで開翅しているムラサキツバメはさすがにボロ。ただ、このオスは大破しているにも関わらず、いい色だった。ムラツの輝きは鮮度でなく個体差?
a0181059_1517270.jpg

ポイントをひととおり回って、起点ポイントのシャリンバイの植え込み。右前翅が少し欠けたムラサキシジミ。飛んだところを狙うが飛ぶタイミングがわからず全くの不調。
a0181059_1522365.jpg

しばらくすると、体が温まったせいか、茂みに潜り込み枝で吸汁を始めた。越冬中も、暖かいときはこうして養分補給が必要なのかもしれない。眼が、動物みたいに瞳があるように見える。
a0181059_15224638.jpg

あちこち撮り歩いたのをまとめるとこんな感じ。ボロばかりではないが、相当きている。(画素数を減らす目的で、正方形にトリミングし9コマ並べてみたけれど、何か変。頭の中では写真は横長の概念が出来上がっている。作り直すのも手間がかかるので、このまま掲載)
a0181059_1519284.jpg

しかし、こんなきれいなのもいた。
a0181059_16535922.jpg

オスも。しかしながら、このイケメン、半開翅しただけで、すぐに飛び去る。
a0181059_1935433.jpg

落胆しつつ、200mほど離れた、正午すぎに日の当たるポイントに行ってみると、勝るとも劣らないイケメン2号。どうしてこんなに綺麗な個体がいるのだろうか。じっと塒に籠っていると翅が傷まないはずではあるけれど、こうも暖かいと日中飛び出すはず。それよりも、暖かいので、(例年だと越冬できずに終わる)蛹が極く最近羽化したと考えたほうがいいのかもしれない。
a0181059_19532139.jpg

飛んでも遠くへは行かず、近くで開翅してくれる。しかし、横向きでもいい色になかなか撮れない。
a0181059_16591347.jpg

一瞬、頭を下向きにした。たった4回しかシャッターを切れなかった。「構造色は頭が下」の法則通りが一番いい感じに撮れた。
a0181059_1712985.jpg

このイケメンを撮っているときに気がつく。ムラツの尾突は、ピンと外向きに対称のスワローテイルになっていなければならない。しかも、尾突の白点が目立つように背景は暗いほうが望ましい。テカる葉上も必須。(だんだん注文が多くなってきた)
a0181059_1714978.jpg

日向ぼっこが過ぎ、塒に戻ってきたのを21ミリで待ち伏せしたが、入らないこと入らないこと。証拠写真もままならず、以下は反省写真です。
a0181059_1712472.jpg

お尻の先と尾状突起だけにピンが来た不思議な構図。方向転換するときは、腹部の曲げでバランスをとっているようだ。
a0181059_17131685.jpg


by otto-N | 2016-01-07 20:18 | Comments(2)
Commented by fushiginomori at 2016-01-07 22:40
さすがに綺麗なブルーの写真が並んでいますね。
先日は大変お世話になり、ありがとうございました。
前夜、otto-Nさんのblogを拝見し、出かけてみたのですが、
まさか”本人”にお会いできるとは思ってもいませんでした。
今年は良い年になりそうな気がする一日でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by otto-N at 2016-01-08 17:05 x
fushiginomoriさん、久しぶりに会いましたね。
12月に入っても、少し気温が高い日には来ていました。
同じ所に何回も来ると、色々発見があります。
こちらこそよろしくお願いいたします。
<< 2016.1.7 千葉県・マテ... 2016年 明けましておめでと... >>