たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2015 (2) コツバメ   2016.1.17 (記)

ミヤマセセリ
春うららの3月下旬、ミヤマセセリの飛翔を撮るために東京の郊外へ。しかし、地を這うセセリはまるで歯が立たなかった。かろうじて収まったのは1枚だけ。それもかなりのトリミング。オスとメスが絡んだので追いかけたのだが・・・。
a0181059_9521334.jpg

コツバメ
この草地には何頭かのコツバメがテリを張り、時々、菜の花で吸蜜していた。
a0181059_953549.jpg

すばしっこいこと、すばしっこいこと。すぐにフレームから消える。というより、目が追いつかず。
a0181059_9525598.jpg

速すぎて、翅が止まらない。
a0181059_952404.jpg

青く輝く縁毛。
a0181059_9522954.jpg

追いかけても、とにかく入らない。そもそも、追いかけるのが無謀な話か。
a0181059_9531830.jpg

ルリシジミ
他に、ヤマトもベニもいたけれど、飛んでるのはこの1枚。
a0181059_9533490.jpg

このルリのメスは、我がホームグランドの自然教育園でのスナップ。
a0181059_9534459.jpg


by otto-N | 2016-01-17 16:12 | Comments(0)
<< フライイング・バタフライズ 2... フライイング・バタフライズ ... >>