たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2015 (3) ギフチョウ   2016.1.19 (記)

ギフチョウ (神奈川)
4月上旬、恒例の神奈川のギフチョウ。年々、お祭りが盛大化。山頂ではテリ張りが見られるが、人も多いので広角飛翔は無理。よって、山麓で花に来るのギフを望遠で狙う。ピンボケの連発。山麓も人ですごいのだけれど(身動きがとれない)、だいぶ慣れた。
a0181059_9533677.jpg
a0181059_9534932.jpg



ギフチョウ (新潟)
下旬、新潟まで出向く。1日目は曇りのち雨、2日目は風が強かったが、晴れたので張り切って撮影する。
a0181059_9544445.jpg

a0181059_10212764.jpg

水平に撮れず、画面が斜め45度に傾いたので、少し角度を直し、大きくトリミングしたら、思いの他の迫力。翅のしなりがいい。
a0181059_9554220.jpg

めったに飛んで来てくれない位置だったのに、ちょっとピンボケ。惜しかった。
a0181059_1132893.jpg

カタクリの絨毯の中には入れないので、撮るのが難しい。
a0181059_9592532.jpg

a0181059_959328.jpg

a0181059_1013560.jpg


地面すれすれに飛行する。被せて撮ると背景がうるさいだけで、かなり失敗した。
a0181059_959356.jpg

藪の中を飛行。枝や葉が被る。飛行ルートも不安定だった。
a0181059_1015064.jpg

カメラを持ちやすいので縦型でも撮った。でも、飛翔はしっくりと来ない。横に飛ぶという感じがでないかもしれない。
a0181059_919772.jpg

産卵場所を探すひときわ大きいメス。ゆっくり飛び回っていた。
a0181059_100553.jpg

a0181059_1004115.jpg

a0181059_2161764.jpg

午後の探雌飛行。このころは光が弱く、しかも飛び回る場所は逆光なのでとても撮りにくかった。それよりも、後ろ向き写真ばかり。どうして、後ろからしか撮れなかったのだろう。1つにこのポイントの地形的な理由があるにしろ、広角での撮影に起因しているの違いない。飛んで来るチョウの前で待ち構えていても、方向転換するのが常。やはり、望遠で撮る必要性を感じた。
a0181059_103590.jpg
a0181059_1032037.jpg
a0181059_1034671.jpg


by otto-N | 2016-01-19 18:08 | Comments(0)
<< フライイング・バタフライズ 2... フライイング・バタフライズ 2... >>