たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2015 (4) ツマキチョウ   2016.1.21 (記)

ツマキチョウ
この数年で、都心でも数が増えたツマキチョウ。もう、東京の春告蝶といっていいかもしれない。もっとも都民の多くは小さなモンシロチョウだと思っているようだが・・・。

自宅近くの発生源の1つである自然教育園に、背景に桜を入れたいと通い続けるが、全くいいところがなかった。原因は、桜が背景に写り込む飛来ポイントでは逆光になってしまうことであった。桜は暗くしか撮れず、チョウも中途半端な透かし翅。チャンスは少なくても順光の場所で待つべきだった。悔しいことにあまり背景の良くない場所ばかりでツマキは舞い集う。
a0181059_1003657.jpg

撮れないままに桜は散り、その桜の木の下の山吹で探雌飛翔をするオズ。これも山吹の上ばかりを飛び、なかなか背景に黄色が入らなかった。
a0181059_1005366.jpg

少し遅れて、自然教育園の隣の小さな公園に、ツマキチョウがあふれ出す。
a0181059_101637.jpg

この公園にはトラフシジミも吸水にやってくる。飛び出す瞬間しか手がでない。
a0181059_1011966.jpg

自宅近くのSビール本社前。曇り空の日だったと思う。ツマキチョウが飛んでいたが、100ミリマクロ(+1.4テレコン)しか持っていなかった。MFで飛んでいるのを狙う。
a0181059_10121348.jpg
a0181059_10123194.jpg

少し空が暗くなると翅を休め、明るくなると飛び出すが、気温が低いせいかゆっくりと飛ぶ。
a0181059_1013739.jpg

近くに来た。翅の角度ですぐ白とびしてしまう。
a0181059_10132699.jpg

遠くに飛ぶ。
a0181059_10135030.jpg

背景がつまらないけれど、このポーズは好みです。
a0181059_10141166.jpg

広角だと待っていても直前で方向転換するので、頭からなかなか撮れないけれど、望遠だと撮ることができそう。
a0181059_10143281.jpg

ちょっと遠かったが、正面からも撮れた。
a0181059_10145385.jpg

背景のボケもいいし、ツマキチョウは望遠のほうが可憐に撮れる。
a0181059_1015636.jpg

小さくしか撮れなくても可憐。かえって小さいほど可憐さが増すように思う。(アップにしたときは、眼がこわい)
a0181059_1151029.jpg

遅咲きの枝垂れ桜に下に飛んでいった。
a0181059_10152231.jpg

花壇の向こうの枝垂れ桜なので、ぐるーっと回り道して近づいたけれど、桜背景にこだわりすぎ思うようにピンを合わせられなかった。MFはキツイ。
a0181059_10153425.jpg


by otto-N | 2016-01-21 20:08 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2016-01-23 16:15
自然教育園はツマキチョウの個体数が多いものの
背景を考えて撮影するのは難しそうですね!
昨年、埼玉県中北部の公園で私も挑戦してみまし
たが完敗しました。
Commented by otto-N at 2016-01-23 19:24 x
himeooさん、自然教育園の桜背景は3年間、惨敗でした。
結局、ツマキに限らずですが、薄曇り以外の逆光では飛翔は難しいことを悟りました。
チャンスは少なくても、順光の位置から狙ったほうが無難のようです。
<< フライイング・バタフライズ 2... フライイング・バタフライズ 2... >>