たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2015 (8) ウスバシロチョウ   2016.1.29 (記)

ウスバシロチョウ
ゴールデンウィーク明けの高尾山の山麓、新緑の中の至る所でウスバシロチョウが舞う、はずだった。ところが、必ず見られる2か所の広場にもまるで飛んでおらず、ちょっと変だった。少し林道に入ったこのポイントにもいなかった。やっと見つけた最初の1頭。すでに擦れているのかと思ったが、藪の中に潜りこんでとまったのをよく見ると、黒化型。(でいいのかな)。全く撮影できないので藪の中からちょっと出てもらう。
a0181059_2224153.jpg

このポイントでは以前も見ているが、そのときも、日を避けるように藪の中にすぐ潜り込んでしまった。決して美しいものではなく、まるでピカピカ光る油紙のよう。ゴキブリ風。2コマ目は、後日に撮った一般的なタイプ。
a0181059_1149365.jpg

その2日後。やはりウスバシロチョウは少ない。黒化型がいたこのポイントでも2~3頭が巡回しているにすぎなかった。
a0181059_1150278.jpg

林道が少し膨らんでいる場所なのだが、背景としてはつまらないので、大きめにトリミングしてみた。半逆光で、曇りガラスのような翅が美しい。
a0181059_11495315.jpg

イタドリの中を舞い潜る。
a0181059_1150676.jpg

下から見上げるように撮影する。
a0181059_11501758.jpg

こうして撮ると、フワフワと舞う感じになる。
a0181059_11503819.jpg

蛇足の1枚。
a0181059_11505333.jpg

花が入った最後の1枚。
a0181059_1151626.jpg


by otto-N | 2016-01-29 18:00 | Comments(0)
<< フライイング・バタフライズ 2... フライイング・バタフライズ 2... >>