たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2015 (9) ベトナム編   2016.1.31 (記)

ベトナムの普通種
5月に格安団体ツアーでベトナム中部に行く。ホテルの到着後、出発前、観光中の待ち時間に出会うチョウを撮ったのであるが、まあ、都市の街中にはチョウは東京よりも飛んでいなかった。

フエ郊外のある帝廟。クロマダラソテツシジミが飛び回っていた。これが初めての出会いだったが、その後、どこでも見られた。
a0181059_15201322.jpg

おそらく、有尾型のナガサキアゲハ。この旅行中、見たのはこの1回だけだった。
a0181059_15195793.jpg

フエで宿泊したホテルの近くの公園。クマソと一緒に飛び回っていたシジミ蝶。とまった裏翅を撮影すると、斑紋はほとんどヤマトシジミ。黒縁の幅は日本の高温期型と同じだが、色はかなり薄かった。
a0181059_15213187.jpg

同じ公園のクロテンシロチョウ。このチョウは、街中のちょっとした空地にも飛んでいた。
a0181059_15214663.jpg

ホイアンのホテルの近くの緑の多い空地。日向より日陰のほうが好みらしく、なかなか明るいところには出て来てくれない。ほとんど、露出不足だった。
a0181059_15215914.jpg

ベトナムの街中でよくフワフワと飛んでいたハレギチョウ。撮影するまで、カバマダラと思っていた。街並を背景には撮れなかったのが残念だった。
a0181059_15221295.jpg

カバタテハ。あまりきれいでないゴミだめのような空地で時々見た。飛び方は緩いが、なかなか撮るタイミングが合わないチョウだ。
a0181059_15222610.jpg

ミーソンというベトナム戦争で有名になったヒンズーの遺跡。ここは、ジャングルの中にあり、チョウがやたらと多く、観光そっちのけでチョウを撮影した。と言っても、ガイドとツアー参加者の姿を横目で追いながらなので、まるで落ち着かなかった。遺跡の奥の木立に囲まれたセンダングサの広い茂みには多数のマダラチョウがいた。後で調べるとウスグロシロオビマダラというらしい。翅を開いても、幻光は発しない。
a0181059_19385257.jpg

近づいて望遠飛翔を狙うがなかなかピントが合わないので、広角に切り替えた。
a0181059_15234726.jpg

しかし、日向にでてくることはほとんどなく、暗いところばかりで吸蜜し飛び回る。ここは暗すぎ、色は出ず雰囲気だけ。
a0181059_15232263.jpg

幻光を発するマダラチョウ。とまるとすぐ翅を閉じてしまうので、飛んでるところを撮るしかなかった。マルバネルリマダラに似ているがちょっと違うようだ。
a0181059_15242032.jpg

スジグロカバマダラ。300ミリだと近すぎたが、後ろに下がってもここまで。
a0181059_11361840.jpg

近づきすぎ、ちょっと翅にはピントが合っていないけれど、その分、迫力は出た。
a0181059_11364245.jpg

このミーソン遺跡には、数だけでなく種類も多かった。観光中の身の上なので、追いかけるわけにもいかず、ただ茫然と見送るしかなかったのだが、マダラチョウの舞う茂みで、忽然と姿を現しセンダングサの花を次々と訪れピントを合わせる隙も与えず飛び去っていったルリモンアゲハの後翅のブルーが忘れられない。

by otto-N | 2016-01-31 20:11 | Comments(0)
<< フライイング・バタフライズ 2... フライイング・バタフライズ 2... >>