たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2015 (11) ルリシジミ   2016.2.3 (記)

ルリシジミ
昼ころ、ウラゴマダラシジミの飛び回るイボタの木の近くで、ルリシジミが群がっていた。飛び上がらせると、数頭はしばらく付近を舞っているはずなのに、まるで入らない。
a0181059_1343723.jpg

順光側からは背景がさえないので、横から狙うがなかなか思ったようには撮れなかった。
a0181059_13144770.jpg

日の当たっている所では、ルリシジミの表翅は白とびしてしまい、日影でしか色は出なかった。
a0181059_1342188.jpg

向こうに1頭が写り、いい構図だけれど、頭のピントがちょっと甘い。
a0181059_1812856.jpg

なぜ縦型ばかりで撮ったのかと言うと、ルリシジミが集まっていた場所は、臭わなかったけれど肥料用の牛糞の堆積場。横だとカメラか手が下に着いてしまう。
a0181059_1341195.jpg

付近には、ウラギンシジミとテングチョウも吸水に群れている。地を這うウラギン。
a0181059_21345167.jpg

飛び立つウラギン、地を這うテング。しかし、あれだけチャンスはあったのに、これだけしか撮れなかった。汗と徒労の撮影者。
a0181059_21331477.jpg


by otto-N | 2016-02-03 16:58 | Comments(0)
<< フライイング・バタフライズ 2... フライイング・バタフライズ 2... >>