たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2015 (15) モンキアゲハ   2016.2.10 (記)

モンキアゲハ
7月、Sビール本社前。アガパンサスの花はアゲハが大好きなようだ。クロアゲハはよく見るが、モンキアゲハもやってきた。ここではこのアゲハはとても珍しい。
a0181059_20115873.jpg
a0181059_20143220.jpg
a0181059_20144833.jpg

このクロアゲハは飛んではいないけれど、この翅の形がいいので載せました。
a0181059_20164882.jpg

一番多いのは、もちろんアゲハチョウ。高層ホテルと高層マンションの窓が背景。
a0181059_20183546.jpg

9月。ここには、ポツンポツンと彼岸花が咲いており、アゲハがやってくる。彼岸花は好きではないので、アゲハがやってきてもあまり撮る気になれないのだが、日陰の彼岸花に来たクロアゲハはとてもいいと思った。彼岸花の赤が緑の中に浮かび上がる。ただ、飛んでいるところはほとんど撮れずに終わった。
a0181059_20252069.jpg
a0181059_20252912.jpg

10月。突然現れたナガサキアゲハ。広角で追いかけたがピンがきたのはこの1枚。
a0181059_2044898.jpg

自然教育園.湿地に咲くシロバナサクラタデの中を飛び回るアオスジアゲハ。望遠飛翔はむずかしい。
a0181059_20294051.jpg


P.S.
ダイヤモンド富士    
近くのビジネスタワーの3階に富士山が見える場所があり、ひょっとするとダイヤモンド富士が見られるかもと思い300ミリを持って、5時ちょっと過ぎに駆け付けた。最初は太陽がまぶしく、どこに富士があるのかさえ判らなかったが、少し太陽が富士に入ったとき初めて山頂の真ん中より少し左にあることが判明。それからが、太陽が沈むのが早かった。ISOも絞りも調整する時間もないまま、露出補正だけを最大のアンダーにしてやっと撮ったのがこの1枚。山頂で吹き上げられている雪が風の凄まじさを物語る。でも、普通、ダイヤモンド富士というのは、富士山頂から後光のように輝く太陽なので、この画像はちょっと違うかな。
a0181059_17355377.jpg
                                                              2016.2.10 東京・恵比寿

by otto-N | 2016-02-10 18:08 | Comments(0)
<< フライイング・バタフライズ 2... フライイング・バタフライズ 2... >>