たかがヤマト、されどヤマト

2016.3.15-16 長野県・志賀高原   2016.3.18 (記)

2016.3.15-16
16日は長野県の天気が良さそうなので、急遽、志賀高原にスキーに出かけた。15日の天気予報は小雪なので、翌日は気温が上がっても雪がいいはず。志賀高原は標高が高いので、3月中旬でも雪質がとてもいい。

2016.3.15
8時半ころ出発し、途中松代PAで昼食(蕎麦とかき揚げはなかなかいける)、湯田中からの道路は真っ白だった。久しぶりの固い雪道。ジャイアントスキー場の温泉宿に着いたのは1時少し前だった。実は、2月に八方尾根でスキーで、ずうーっと大丈夫だった昔の古傷(半月板)をまた痛めてしまっていた。江戸川河川敷での2日連続のモンキチョウ撮影の後は、しばらく脚を引きずっていた。まだ痛みは残っており、志賀高原もどうするかさんざん迷っていたが、テニスはできるので、コブと悪雪を滑らなければなんとかなると思っていた。天候は小雪。さすがにジャイアントでは湿った雪であったけれど、気温は低く、一の瀬では粉雪だった。幸い、圧雪したバーンを滑っている限り、膝はほとんど痛まなかった。しかし、すぐ飽きてしまう。新雪が20cmほどあったがほとんど踏み込まれていた。それでも、わずかのコースの端にわずかの隙間があればそれを探して滑る。膝は何とか大丈夫だった。しかし、問題が発生。妻が宿でスキーブーツを履いているとき、左のブーツのシェルのべろ付近が欠けてしまった。まあ、足首のインナーが外から見えるけれど、支障はなさそうなので、この日はそのまま夕方まで滑った。そして、ブーツを脱いでいるとき、右のシェルの同じ所も欠けてしまった。

2016.3.16
前日の夕方には雪が止み、青空となったので、さぞかしピーカンになるだろうと思ったが、薄い雲が拡がりそれほどの天気ではなかった。膝の痛みは出なかったので安心したが、妻は何とかなるとは言うけれどブーツが心配。8時半ころ宿を出て、西舘経由で高天原に向かう。頭上は薄曇りであったが、北アルプスの方は青空が広がっていた。コンデジを少しズームにし、何枚かに分けて撮影し、エレメントでパノラマ合成した。
a0181059_13324040.jpg

左ほうには槍ヶ岳が見えたので、いっぱいのズームで撮影。
a0181059_13331156.jpg

妙高の向こうに後立山連峰。五竜の武田菱が見えた。(すべての写真はクリックすると大きくなります)
a0181059_13332414.jpg

今年の雪は非常に少ない。西舘は雪不足で3か所立ち入り禁止、東館の上部はピステンで圧雪すると地肌が出るので未圧雪。一番好きな焼額のオリンピックコースも立ち入り禁止。一の瀬神社の鳥居は下まで見えることはなかったし、奥志賀でも積雪60cm。焼額のゴンドラ下に雪がない。こんなに少ないのは初めてだった。
a0181059_1353551.jpg

妻の滑りを撮っておく(カービングターンではない)。ブーツは何とか持っていたのだが、ランチ後、割れ部が拡がり、ついにヒンジから上が浮いてしまい、やっと滑ることができる状態。焼額からジャイアントまでのだましだましの下山だった(4コマ目)。
a0181059_1359018.jpg

妻のブーツ。1コマ目、左は足首あたりのインナーな露出。2コマ目、後ろがポッカリ浮いてしまった。3コマ目、東京に帰ってきてから撮影。よくぞ、これで下りてきたものだ。あっぱれあっぱれ。このブーツ、買ってから何年たったか覚えていない。もう10年前だろうか。買った店は、今はない御茶ノ水の「角谷スポーツ」。この店には足を見てピッタリのブーツを探してくれる神業の店員さんがいた。一応、候補を2足出してくれる。そちらもいいと思うがこっちのほうが絶対ピッタリのはず、と言う風にブーツを選んでくれる。私のブーツも角谷スポーツで買った。次はどこで購入しようか・・・。
a0181059_1494043.jpg

フラットなバーンしか滑らなかったが、一番端っこに残されていた新雪を探して滑った。幅1.5mあれば滑ることができる。前日はクラスト気味、この日は湿雪の、底のある20~30cm程度の雪だったけれど、やはり楽しい。リフトに乗ったとき、まだ残っていた、いじましいトレースを撮った。新雪についたトレースを見るたびに、みんなもっと大事に滑ってよと言いたくなる。昔、ニセコでは、1本ずつトレースを並べて滑るのスキヤーのマナーだった。それにしても、ロッカースキーは、悪雪に強い。
a0181059_14211415.jpg

とにもかくにも、私の右膝も無事で、妻の左ブーツもなんとかなり、午後2時半ジャイアントに無事帰着。湯田中までの道路の雪はほとんど溶けていた。この時期、冬と春が交互にやってくる。

  

by otto-N | 2016-03-18 18:18 | Comments(0)
<< 2016.3.17 横浜・戸塚... 2016.3.8 埼玉県・秩父... >>