たかがヤマト、されどヤマト

2016.3.23 東京・早春の雑木林 ミヤマセセリ   2016.3.27 (記)

2016.3.23
前日はあんなに気温が高かったのに、この日は低く、しかも午前中は曇り。そんな中で、コツバメとミヤマセセリを撮りに行く。

空に雲がかかり太陽が透けて見えるけれど、晴れそうで晴れない。枯葉の積もる小路にはテングチョウが飛んでいたので、少々寒いがチョウは飛べるはずと思いながら、朝にコツバメがテリを張るポイントに急ぐ。しかし、コツバメはいなかった。1時間半待っても、結局、日は射さず、テリ張りタイムは過ぎてしまった。しかたがなく、ミヤマセセリのポイントに移動すると、ミヤマセセリは寒さに強いのか、少しは飛んでいた。が、すぐに飛ぶのを止め、枯葉の上にとまって翅を開く。微妙な斑紋変化があるようだが、べったりと開翅するだけ。すぐに飽きてしまった。
a0181059_8471120.jpg

飛んでいた1頭を見ていると、笹薮の中に入った。出て来ないので藪を漕いでそのあたりに行ってみると、すぐ見つかった。背景が少し抜けいい感じだった。横より縦だと、距離や絞りを変え、かなりの枚数を撮った。足場が悪く、ほとんどは左翅にピントが合ってしまい、右翅に合うものは少なかった。100ミリに1.4のテレコンをつけていたのだが、これは絞り解放。
a0181059_8473220.jpg

少し雲が薄れたので、コツバメ目当てで菜の花の上を探す。コツバメは見つからなかったがその代わりにミヤマセセリがいた。刻々と動くので撮りにくかったが、これがベストショット。菜の花の中では、地味なミヤマセセリがかえって目立つ。
a0181059_8474795.jpg


やっと日が射し始め、青空も見えるようになった。雑木林のほうへ行ってみると、探雌飛翔のオスとは飛び方の違うミヤマセセリ。とまったのを見ると、メスだった。
a0181059_9132199.jpg

すぐに翅を半分閉じてしまったので、横からも撮影する。しばらくじっとしていたが、高く舞い上がりコナラの梢の先にとまってしまった。
a0181059_8484865.jpg

再び、菜の花を見にいったが、いたのはテングチョウだけだった。(ルリシジミも飛んでいたがが撮れず)
a0181059_8492468.jpg

青空が出始めるとミヤマセセリの数が増えた。なぜか、雑木林にはムスカリが咲いており、吸蜜に訪れる。
a0181059_848527.jpg

この早春の枯れた雑木林を背景に飛翔を狙う。2頭が絡んだときが、撮影のチャンス。しかし、すぐにばらけてしまう。よく見ると、翅の先端はこんなに内側に折れ曲がっているのだ。
a0181059_8501347.jpg

探雌飛翔中のオスを追う。しかし、外しまくり。追いつけない。
a0181059_8494922.jpg

足元の自分の陰に入ると、黒いのですぐ見失う。
a0181059_850151.jpg

落ち葉の上を舞う。
a0181059_850244.jpg

ちょっと惜しかった。ピンボケ。
a0181059_1114469.jpg

これもちょっと。
a0181059_850478.jpg

雑木林の雰囲気は出ているが・・・。
a0181059_8505851.jpg

やはり、ミヤマセセリはムズカシイ。
a0181059_8503762.jpg



   

by otto-N | 2016-03-28 14:11 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2016-03-27 18:21
俊敏なミヤマセセリの飛翔を上手く
撮られてますね!
こちら埼玉県内でもポツポツ増えて
きました。
Commented by otto-N at 2016-03-28 19:30 x
himeooさん、ありがとうございます。
でも、1000枚を超え苦戦しました。
ミヤマはともかくコツバメは、天気がむずかしいです。
<< 2016.3.25 東京・早春... 2016.3.22 東京・裏高... >>