たかがヤマト、されどヤマト

2016.3.29 東京・早春の雑木林 コツバメ   2016.3.31 (記)

2016.3.29
予報では気温はそれほど上がらないけれど、晴れているので、こんどこそコツバメは現れるだろうと、いつもより早く出発する。

早くからテリを張る雑木林のポイントに急ぐ。しかし、2か所とも現れない。どうしたことかと思いながら、しかたがなく、開けた緑地のテリ張りポイントに移動する。背景として雑木林のほうが春らしくていいのだ。少し遅かったが、コツバメが飛んでいた。まず、とまったところを抑える。いつ見ても、コツバメはぬいぐるみのようだ。
a0181059_2041676.jpg

飛んだのでその後を追うが、ゆっくりしている割にはなかなか射程に入らなかった。
a0181059_20103389.jpg

飛び方がミヤマセセリのように直線ではない。上下左右、時にはカメラのすぐ近くにも寄ってくる。
a0181059_20104745.jpg

いつも枠を外しているので、21ミリではなく15ミリで撮った。距離を間違い、小さく写りすぎたのですべてトリミング。
a0181059_20101417.jpg

テリ張りタイムは終わり、今度は吸蜜タイムを狙う。吸蜜は菜の花。なかなか日の当たる裏翅を見せてくれない。
a0181059_1928029.jpg

縦のほうがいい感じだった。しかし、足場が悪すぎて、身動きができない。右は薔薇線、左は段差。
a0181059_19282232.jpg

圧倒的な黄色の中に黒い影。
a0181059_19284739.jpg

これも黒い影となる。眼の上まで黄色い花粉にまみれていた。
a0181059_206013.jpg


コツバメの吸蜜タイムの終了後、ミヤマセセリが舞う雑木林へ移動する。
a0181059_17144929.jpg

小道の落ち葉の上をメスを探して飛び続ける。
a0181059_171154100.jpg

芽吹きかけたコナラ、その下の枯れた笹原がミヤマセセリの飛翔の舞台。
a0181059_208286.jpg

ミヤマセセリはどこでしょう?飛んでいてもすぐ見失うけれど、どこに写っているのかも、最初はわからなかった。
a0181059_208168.jpg

枯葉の上の舞。
a0181059_2072589.jpg

時々、オス同志が絡むけれど、たった2~3秒でばらけてしまう。撮影は難しかった。
a0181059_2073426.jpg

飛び続けるオスと並走するが、ほとんど振り切られジエンド。
a0181059_17203651.jpg


コツバメのいた緑地にもミヤマセセリは飛んではいるが、ミヤマセセリの背景に緑は似合わない。飛翔を撮るにはモチベーションが上がらなかった。このセセリには枯葉が良く似合う。
a0181059_2061524.jpg

ちょっと明るい色のオスだった。メスもいたのだが、撮影せずオスが絡むのを待っていた。オスとメスが絡み時間は比較的長い。しかし、その前に飛び去ってしまい、不純な目的は達成できずに終わった。
a0181059_2062999.jpg


前回は21ミリを使い、フレームアウトが続出したので、今回は15ミリを使った。しかしながら、フレームアウトを減ずることができたかと言うとそんなことはなく、近づけないので、同じピン距離では被写界深度も少しは深いはずなのにピンも来ず、小さいコツバメでは写りがあまりに小さいのでトリミングせざるをえなく、結果としては失敗したようだ。とにかく、近づけないのであった。


     

by otto-N | 2016-03-31 20:28 | Comments(2)
Commented by fushiginomori at 2016-04-02 08:41
菜の花にコツバメはとても良いですね。
バックも黄色でとても良い雰囲気です。
今年は週末になると天気が悪いので、季節に取り残されそうです。
Commented by otto-N at 2016-04-02 12:47 x
fushiginomoriさん、ありがとうございます。
実は、線路際の菜の花なので、身動きがとれませんでした。
今年は週末でなくても、用事のある日に限って天気が良かったりしています。
(トラフが確実そうなら、連絡します)
<< 2016.3.30 東京・白金... 2016.3.25 東京・早春... >>