たかがヤマト、されどヤマト

2016.4.6 (1) 東京・白金の森 ツマキチョウ   2016.4.7 (記)

2016.4.6
桜が満開になり、ツマキチョウも飛び始め、自然教育園に懸案事項の「桜バックのツマキ」を撮りに行く。

ツマキチョウの前に、トラフシジミを探す。最初のポイントに着くとすぐ飛んできたのはムラサキシジミだった。
a0181059_10503759.jpg

別のポイントにも全く気配はなく、ツマキチョウを撮りながら、ときどき、トラ探しをする。ツマキは、気温が高いせいか飛びっぱなしだったが、ときどきは花に訪れる。
a0181059_10511980.jpg

少し寄りすぎるが下に邪魔なものあったので、しかたがなかった。白とびもしている。
a0181059_1051732.jpg

ツマキチョウは大きく撮るより、小さく撮るほうが好きになった。これは、いささか遠すぎたが、小さいほうが可愛らしい。(300ミリのトリミング)
a0181059_10513219.jpg

さて、懸案の桜バック。結論から言うと今年も失敗。まだ、ツマキが少なく、なかなか、桜の順光ポイントにやって来なく、逆光側にしか飛んでこない。逆光からは撮ってもムダと知っているのだが、撮らざるをえなかった。
a0181059_10515626.jpg

こちらのほうが桜が大きく写っているがピンが甘かった。
a0181059_1052693.jpg

桜と反対方向、こちらは順光であるが桜はない。
a0181059_12394943.jpg

順光側では、白とびながら、なかかないい色に写る。この通路沿いをよく飛ぶのだが、ロープが写ってしまう。
a0181059_12425662.jpg

下から見上げて撮ったとき、こんな翅の形でしか撮れなかった。
a0181059_10531048.jpg

大きく桜は写らなかったけれど、目の前に2頭が絡んだので、咄嗟にシャッターを切ったら、いい具合に入っていた。
a0181059_10523241.jpg

やはり、順光だとよく写る。
a0181059_10524471.jpg

逆光だと、翅が透ける以外に、下草が光りすぎるようだ。
a0181059_10525641.jpg

翌日の天気予報は、雨のち強風。桜は今日が最後とガンバルものの、11時すぎには来園者が増え、狭い通路の行き来さえままならなくなった。そして、日射しが弱くなり、ツマキチョウが現れなくなったので、12時ころ、ここを引き上げ、新宿に向かった。


   

by otto-N | 2016-04-07 18:40 | Comments(0)
<< 2016.4.6 (2) 東京... 2016.4.4 東京・中目黒... >>