たかがヤマト、されどヤマト

2016.4.11 東京・新宿 ツマキチョウ   2016.4.18 (記)

2016.4.11 PM
ツバメシジミのメスはまだ出ていなかったけれど、今年も1頭のオスを撮影でき一安心といったところ。気温は低いが、風が強い分、日射しも強いので、ツマキチョウが飛んでいるかもしれないと新宿に移動した。

ムラサキハナナを背景に、21ミリで切ったシャッター数は489。ムリして空を入れずに撮ったせいか、ピンの歩留りが過去最高だった(絵的にいいのかは問わない)。編集するのも面倒なので、一部のものをトリミングしただけで、ほぼ撮った順に並べます。似たような写真で飽きるとは思いますので、最後まで見ていただけるかどうか・・・。

こちらに向かって来た1頭。
a0181059_10104095.jpg

瞬間、右にかわされたが、いい具合に撮れた。
a0181059_1010506.jpg

ムラサキハナナの間をメスを求めて飛び回る。
a0181059_1011049.jpg

ひたすら飛び回り、ハナナでもタンポポでも全く吸蜜しなかった。
a0181059_10111024.jpg

2枚連続の同じような写真。
a0181059_10115191.jpg

こちらのほうが少しいいかという感じ。
a0181059_1012013.jpg

向こうに歩行者。3枚連続。
a0181059_15104923.jpg

ツマキチョウの数は多くはなかった。飛んで来て一巡し飛び去ってしまう。
a0181059_1012111.jpg

昼休みには人が多かったけれど、午後は閑散としていた。
a0181059_10122138.jpg

水平補正してみたけれど、斜めは斜めで動きが感じられて悪くはない。
a0181059_10123690.jpg

白とびしているが・・・。
a0181059_10124975.jpg

こんなに日射しが強くないほうがいいのだけれど、ここは日射しがなければ、ツマキは巡回に訪れない場所。
a0181059_1013014.jpg

しっぽの影が翅に落ちていた。
a0181059_10131732.jpg

急旋回したので、腕を伸ばす。
a0181059_10133380.jpg

後ろの木の中の白い点はモンシロチョウ。
a0181059_10135473.jpg

モンシロチョウとはよく絡む。絡んでも、レンズの射程には入らない。
a0181059_10143549.jpg

実際には、ツマキチョウよりモンシロチョウのほうが多い。と言うより、常在するモンシロの縄張りにツマキが入ってくる感じ。
a0181059_101625.jpg

白とび。
a0181059_1015893.jpg

少し翅脈の影が写るくらいがいいのだが。
a0181059_10153690.jpg

左のハナナが暗すぎ。
a0181059_10163792.jpg

上翅の下端が妙に光りを反射する。
a0181059_10563947.jpg

なぜか翅の色がくすんでしまう角度だった。
a0181059_1017412.jpg

ここには、メスは1頭もいなかった。どのオスも見切りをつけるのが早かった。
a0181059_10171991.jpg

少し暗いけれど、裏翅だけの浮遊感は好きです。
a0181059_10505283.jpg

晴れても北風が強かったけれど、木立の間なので風が弱く、ツマキチョウが時々やってきたようだった。12時30分から撮り始め、14時に終了。
   

by otto-N | 2016-04-18 18:02 | Comments(0)
<< 2016.4.12 東京・白金... 2016.4.11 (1) 東... >>