たかがヤマト、されどヤマト

2016.4.18 東京・多摩川河川敷 ギンイチモンジセセリ(1)   2016.4.22 (記)

2016.4.18
多摩川の河川敷にギンイチモンジセセリを撮りに行く。別な所に寄ってからだったので、着いたのは10時半。気温は少し低いものの、晴れているので、ギンイチモンジセセリは飛び回りっぱなしだった。とまった時には静止も撮影したけれど、今回は飛翔写真をほぼ撮った順に並べます。

新緑の向こうが殺風景な枯草地帯。新緑といっても殺風景な河川敷、厚底の軽登山靴で走り回った。
a0181059_16424994.jpg

ギンイチモンジセセリは、障害物のないところでは飛び方は速いし、近づいたと思った瞬間、身をひるがえす。飛翔速度が遅いのは、茂みの中。当然、撮る方も自由に動くことはできないので、逃げられてばかりだった。
a0181059_13492657.jpg

昼ころ、急に日射しが弱くなり、飛翔スピードも落ちてきた。枯草の色も柔らかく撮れるようになった。
a0181059_13493856.jpg

日が翳り、背景の緑色が落ち着いてくると、翅の輪郭が浮き出て、とてもいい感じに撮れた。
a0181059_13505844.jpg

この翅の角度は、なんか可愛い。
a0181059_1350312.jpg

枯れススキと淡い緑。地味な表翅を引き立てる。
a0181059_13504536.jpg

あいかわらず、後ろ姿ばかりしか撮れなかった。
a0181059_13494798.jpg

ギンイチモンジセセリは緑の中も飛ぶけれど、やはり、枯れ草の中を飛ぶ姿が美しい。
a0181059_1350578.jpg

翅表は地味だけれど、翅裏を煌めかせながら飛ぶ姿は独特だ。
a0181059_1350184.jpg


(次回は、静止画像を中心に掲載します)


   

by otto-N | 2016-04-22 20:35 | Comments(0)
<< 2016.4.18 東京・多摩... 2016.4.16 東京・白金... >>