たかがヤマト、されどヤマト

2016.4.19 東京・多摩川河川敷(1) ギンイチモンジセセリ   2016.4.29 (記)

2016.4.19
前日、ミヤマチャバネセセリを撮ろうとした時に曇り始め、姿を消してしまった。この日は快晴。ミヤマチャバネセセリの飛翔をなんとか撮ろうと、また、河川敷に繰り出す。

着いた時には、風が少し強かったせいか、気温が低いせいか、ギンイチモンジセセリもミヤマチャバネも姿を現さず、ベニシジミだけが元気だった。前日、少し白かった個体を探すが見つからず、絡んでいたオスを連写したら、結構入っていた。ベニシジミの卍は、顔と顔を突き合わせ、ゼフさながらだ。
a0181059_10471135.jpg

この中での4コマ目がお気に入り。
a0181059_10472510.jpg

気温が上がり始めたのか、ギンイチも飛び始めた。
a0181059_10504370.jpg

結んで開いて・・・。結んだところはカット。
a0181059_10505477.jpg

気温の上昇とともに、メスを探して叢を飛び回るスピードが上がってくる。
a0181059_1059256.jpg

藪に潜り、
a0181059_1131665.jpg

枯ススキの上を飛び回る。
a0181059_1124043.jpg

1頭を追いかけていたら、突然、別のオスが絡む。咄嗟にレンズを向けたら2頭とも入っていた。
a0181059_1219451.jpg

残念、次はちょっとピンボケ。
a0181059_1219286.jpg

青空を入れようとしたが、あまり入らなかった。
a0181059_1132512.jpg

飛び疲れたのか、時々、休む個体が現れる。
a0181059_1125222.jpg

緑の中より、枯れ葉の中のほうがよく似合う。(と思う)
a0181059_11253626.jpg

吸蜜する個体も出てきた。と思ったら、もう昼が過ぎていた。
a0181059_11245128.jpg

昼からは、ほとんど、テリ張りミヤチャと遊んでいた。遊び疲れた3時過ぎ、まだ日が高いのに気温が低いせいか、 藪の中で休み、翅を開く個体が増えてきた。
a0181059_11251477.jpg

全開翅する個体は多くはなかったけれど、そっと近づき、翅を閉じるまで撮り続けた。
a0181059_22514031.jpg




   

by otto-N | 2016-04-29 20:11 | Comments(0)
<< 2016.4.19 東京・多摩... 2016.4.27 速報 ツシ... >>