「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

2016.4.25 神奈川県・多摩丘陵 アオスジアゲハ   2016.5.3 (記)

2016.4.25
ヒメウツギが咲き始めたとのことで、例年より早めに行ったけれど、この日は8時に一度出たきりで(先客談)、その後は全く現れなかった(昼ころ2時間ほど席を外したが)。待っている間に、クレソンの花に飛んでくるアオスジアゲハを撮り続けた。ここにクレソンがこんなにあったっけ?
a0181059_15544692.jpg

目まぐるしくはばたき、次から次へと花の間を飛び続けるアオスジアゲハ。飛んだ瞬間にシャッターを切る。フライングの連続。
a0181059_155598.jpg

秒8コマなので、1コマおきでもこの通り。この間も撮れたらいいといつも思うのだが、後の処理が大変なことと思う。
a0181059_15551868.jpg

ときどき2頭が絡む。300ミリのピントリングを小刻みに廻してもなかなか撮れない。あんなに絡んでいたのにこれだけだった。面白いのは1コマ目と4コマ目、2頭のポーズは全く同じだった。
a0181059_15553187.jpg

白いクレソンの群落。一面に広がっているわけではなく、幅1.5mほど。少し遠いところに飛んでいるのを横からすかして撮ると、背景がボケてなかなかいい感じだった。
a0181059_15554197.jpg

アオスジアゲハは普通種であるけれど、子供時代は北海道だったので、モルフォと同格の憧れのチョウだった。透き通るような真珠の光沢。何度撮っても美しいと思う。
a0181059_15564111.jpg

小刻みに翅を動かし、飛び回るので撮影がとても楽しい。
a0181059_15555292.jpg

背面から。
a0181059_15563143.jpg

背景は緑と白。背景はシンプルなほどチョウを引き立てる。
a0181059_155603.jpg

全然はばたかない瞬間。大写しすぎたが、300ミリの単焦では、これ以上後ろに下がれなかった。
a0181059_15562074.jpg

クレソンには、スジグロシロチョウも来ていた。
a0181059_162738100.jpg

吸蜜していたのを撮っていたら、飛んだが撮れた。
a0181059_16274825.jpg

オスもメスも、クレソンが好きなようだ。
a0181059_16281184.jpg

片隅にオスが集まっていた。狙いは1頭のメス。最初は1頭だけだったけれど、一番多いときでオス5頭。全部入れようとしたが、せいぜい4頭しか入らない。1時間以上いじめられていた。交尾拒否のメスは大変だ。
a0181059_1628201.jpg

何かと思ったら越冬後のクロコノマチョウ、デカかった。カラスアゲハが吸水にやって来たが、ついに、気まぐれな待ち人は来たらず。
a0181059_1628312.jpg




   

by otto-N | 2016-05-03 20:48 | Comments(2)
Commented by kazenohane at 2016-05-04 08:33
おはようございます。
アオスジアゲハの飛翔写真、興味深く拝見しました。
クレソンの白い花とアオスジ模様、爽やかですね。
300mmで、よくここまでピタリと止まっていますね。
こんな写真が理想ですが。
何度かチャレンジしてみましたが、うまく撮影できませんでした。
Commented by otto-N at 2016-05-04 10:03 x
kazenohaneさん、おはようございます。
ハルジオンでも吸蜜してましたが、今回はクレソンだけにしました。
ISO800、絞り優先F5.6~6.3だと、明るいのでシャッターは1/4000以下の高速で切れます。
フォーカスは、マニュアルが主でしたが、オートでもチョウが飛ぶと予想した点にピントを合わせておき、動いた瞬間、シャッターを2~3枚切ります。
ただ、どこに飛ぶのか判らないで、かなりの枚数を撮りました。
<< 2016.4.26 神奈川県・... 2016.4.20 東京・白金... >>