たかがヤマト、されどヤマト

2016.6.1 横浜・ゼフの公園 ミズイロオナガシジミ   2016.6.4 (記)

2016.6.1
高尾山に通ってばかりいるうちに、平地性のゼフのシーズンが終わろうとしていた。あわてて、横浜の公園に行ってみる。前日は、午後に羽化個体が続々発生したポイントでは、まるで出て来なかった。葦の茂みの中にミドリシジミ♂が翅を開くも、あまりに遠すぎた。ミズイロオナガシジミは新鮮だったけれど、ウラナミアカシジミはすでに終わりかけ、アカシジミに至っては撮るのも忍びなかった。
a0181059_14283395.jpg

道の脇にいた2頭のミズイロオナガシジミ。F2.8解放で撮ってみたが、上翅までフラットに撮れならなかった。
a0181059_14291361.jpg


2016.6.2
早起きしオオミドリシジミの撮影後、ズブズブと足が埋まる湿地でミドリシジミを探した。何とか下草で吸水している3頭のオスが見つかる。1頭が半分だけ開翅したが足場が悪すぎ、後ろに下がることもできず。その後下草で吸水し、またも開くが動き回るためピンボケ。その後、飛ばれた。
a0181059_14284764.jpg

もう1頭のオス。これも半分だけしか開かない。
a0181059_1429405.jpg
その後、ここを諦めいつもの公園に行ったけれど、全くミドリシジミの出る気配もなく、卍飛翔の始まる前に自宅に戻る。この公園、羽化直が多発する別ポイントでは下草がすっかり刈られ、今年はまるで変だ。

   

by otto-N | 2016-06-04 20:08 | Comments(0)
<< 2016.6.2 神奈川県・コ... 2016.5.24 東京・高尾... >>