たかがヤマト、されどヤマト

2016.7.10-12 北アルプス・常念岳(6) ミヤマモンキチョウ  2016.7.28 (記)

2016.7.12 続き
常念岳山頂から乗越まで下りてきたのは9時すぎ。雷鳥のお出迎えを受けたが、これからはチョウ探し。と言っても、登山道に飛んでくるのを待っているだけだが・・・。

まだ時間が早いせいか、西からの風が強いせいか、タカネヒカゲは時おり現れるだけ。ミヤマモンキチョウが、登山道の横に咲いているミヤマダイコンソウに吸蜜に訪れていた。しかし、なかなかいい位置にはとまってくれず、飛び立ちを狙うもののその瞬間がわからない。
a0181059_12284068.jpg

やっと真横から撮れたけれど、新鮮な個体ではなかった。
a0181059_12291461.jpg

メスもやってきたが、葉被り状態が続く。
a0181059_1229270.jpg

これも少し破損していた。今年は、発生が早かったようだ。
a0181059_12293058.jpg

静止画像は不満足であったけれど、鮮度に期待が持てなくなったので、300ミリを肩に吊り下げたまま、15ミリ広角で飛翔を撮ることにした。午前中だと背景の槍ケ岳方面が順光になる。その1発目。残念、鑓は入らなかった。
a0181059_12381448.jpg

槍はもう少し左だった。でも、これも横向き。
a0181059_1239358.jpg

翅表が少し撮れたが、配置不良につき大きくトリミング。
a0181059_12395072.jpg

どうやら午前中は探雌飛翔よりも訪花飛翔のようだった。だとしたら、タダモンキと同じ習性。数は少ないのだが、やみくもに歩き回るより、花の周りで待つことにした。ただ、槍ヶ岳が写る場所は限られる。やっと飛んできた。花にまとわりつくのを連写。
a0181059_1246754.jpg

槍が入っているつもりだったけれど、ほんの少し外していた。
a0181059_1246203.jpg

最後の2枚。槍がかろうじて入っていた! (この2枚はノートリ)
a0181059_12504326.jpg

a0181059_12505740.jpg

東側だと逆光なのでよく撮れないし、背景も今一つ。
a0181059_12553538.jpg

このメスも少し欠けあり。撮っているときはわからないので結果論。数は多くはないので贅沢は言えない。
a0181059_12554670.jpg

上の3コマ目はピンボケ。チョウは逆光だが、こちらのほうがいい。いずれにしろ、置きピンの偶然の産物。
a0181059_1256980.jpg

静止としてはこのショットが一番だった。追いかけてとまった瞬間。
a0181059_1382377.jpg

とにかく、登山道は凸凹で、ハイマツや高山植物の生えている場所には踏み込めず、撮影場所は限られたし、置きピン距離も普段より遠目、トリミングを多用したが、光でいっぱいの高山なので、飛翔画像の色が出るのは気持ちがいい。
a0181059_13103012.jpg


(常念岳(7)に続きます)

   

by otto-N | 2016-07-28 20:08 | Comments(0)
<< 2016.7.10-12 北ア... 2016.7.10-12 北ア... >>