たかがヤマト、されどヤマト

2016.9.30 栃木県・鬼怒川河川敷(1) シルビアシジミ   2016.10.7 (記)

2016.9.30
昨年は洪水のため行きそびれた鬼怒川河川敷は、思ったより被害が少ないとのことで一安心し、9月になったら行こうと思っていたが、北関東の天気が不安定で延び延びとなっていた。この日の天気予報は朝から晴れ。本当は薄曇りの日がいいのだが、次週も天候不順なようなので、仕方がなく、出かけた。

朝起きてみると、東京は薄く雲が拡がっている。埼玉県に入っても青空は出ておらず、このままでいて欲しいと願いつつ栃木県に入っても、まだ薄曇りだった。真っ先に行ったのは、シルビアシジミのポイント。しかし、ミヤコグサも咲いてなく何か荒れ果てた感じで、川の水を被ったせいか苔みたいなものまで生えている。これはダメだと思ったたら、いた。スレてはいるが紛れもないシルビアシジミ♀。
a0181059_1572338.jpg

半開翅だったが、たっぷり撮影できた。
a0181059_1574117.jpg

少しだけ咲いていたカタバミに2頭のシジミチョウ。まあ、ヤマトだろうとたかをくくっていたら、後に残ったのはピカピカのシルビアだった。
a0181059_15122574.jpg

すぐ飛ばれたので後を追うと、すぐにとまって全開翅。このときは薄日。背景は淋しいが、とてもいいブルーに撮ることができた。
a0181059_1515114.jpg

その後、飛び回り始め、後を追うがすぐロスト。日射しが少なく暗いので、目がついていかなかった。シルビアの追いかけは1人ではむずかしい。草地なら追えるが裸地では飛ぶのがとても速い。しばらく探すも見つからず。でも、他の個体がまだまだいた。こんな背景なので、とまってもすぐに位置が判らない。日射しがないためか全く開かなかった。
a0181059_15212784.jpg

擦れてはいるが、オスが開翅してくれた。この後、すぐロスト。
a0181059_15225365.jpg



(鬼怒川河川敷(2)に続きます)
   

by otto-N | 2016-10-07 20:38 | Comments(0)
<< 2016.9.30 栃木県・鬼... 2016.9.29 東京・恵比... >>