たかがヤマト、されどヤマト

2016.9.30 栃木県・鬼怒川河川敷(2) ミヤマシジミ   2016.10.8 (記)

2016.9.30 続き
空が少し暗くなり、新鮮なシルビアシジミはもう見つからず、場所を移動した。1昨年にはあったカワラケツメイの群落もなく(花は咲いている時期ではないが)、ミヤマシジミがいたコマツナギもなかった。キタキチョウと摺れたツバメシジミだけが飛び回っている中、ポツンと黄色い点が目についた。ツマグロキチョウとしては、なかなかいい雰囲気だったので、念入りに撮ったはずなのに、寄った画像はことごとくピンボケ。寄る前のトリミング画像。
a0181059_9133744.jpg

寄って撮っているとき、キタキチョウに見つかったが、完全に無視。キタキチョウはしばらくバタバタとしていたが、同族でないと悟ったのか行ってしまう。
a0181059_102871.jpg

しばらくすると、急速に雲が消え、夏の日射し。近くにコマツナギもない場所で、ミヤマシジミ♀。
a0181059_9154360.jpg

何本か走っている河川敷の道路を歩いているうち、脚元で10頭近くのシジミチョウが舞い上がった。あわてて、右手に持っていた21ミリで、連写。吸水ならばピンポイントに集まるはずはなく、獣糞があったのだろう。ツバメシジミばかりかと思ったが、ミヤマシジミも混じっていた。それにしても、あれだけ数がいたのに、最大3頭しか入っていないとは情けない。
a0181059_923275.jpg

さらに進むと、ツマグロキチョウが目立つようになった。ただ、センダングサでの吸蜜中は、とても敏感で近づくだけで飛ばれてしまい、藪の中に逃げ込まれる。藪の中にとまるのを撮ってもしょーないかと、思っていると、木陰の低い場所で飛び交っているのを見つけたので、近づいてみると、ミヤマシジミ♂が3頭、キツネノマゴで吸蜜していた。2頭はすぐいなくなったが、残った1頭はとてもきれいな個体だった。半分翅を拡げて、吸蜜を繰り返す。しかし、日射しが強く気温も高いせいか、全開翅とはならない。上から撮っても、胴体部分しかピントは合わず、横から撮ろうとしても、背の低いキツネノマゴ。さんざん失敗を繰り返していた時、少し日が翳り始め、やっと、翅縁を撮ることのできる角度まで翅を開いた。
a0181059_940743.jpg

キツネノマゴばかりで吸蜜していたが、すぐ傍のヒメジョオンにも来た。この方が撮りやすい。
a0181059_9461251.jpg

とは言っても、翅の開き方が中途半端。縁までピントが合わずボツの山で、これだけがなんとか合格。中央左に写っている麦穂のような1本が被るためいい位置で撮れなかった。
a0181059_9455991.jpg

背後にキツネノマゴの淡い紫の星。頭付近が少しピン甘だが、いい感じに撮れた。
a0181059_9462219.jpg

センダングサ吸蜜、横からのキツネノマゴ。4コマ目は別ポイントで撮った左前翅が羽化不全のメス。
a0181059_9391160.jpg

せっかくの明るい場所だったのに、絞りを間違い後で大幅補正。雑然とした場所なので、背景はつまらない。被せ気味に撮った3コマ目は、キツネノマゴの咲く雰囲気が出たけれどピンボケ。
a0181059_14375516.jpg

少し横向きのほうが飛翔感が出ていい感じだ。
a0181059_14232927.jpg


(鬼怒川河川敷(3)に続きます)


   

by otto-N | 2016-10-08 20:08 | Comments(0)
<< 2016.9.30 栃木県・鬼... 2016.9.30 栃木県・鬼... >>