たかがヤマト、されどヤマト

2016.12.20 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2016.12.26 (記)

2016.12.20
5度目のムラサキツバメ。薄曇りで晴れることはなかったけれど、気温が高めだったので期待した。しかし、この時期は晴れなければ、ムラサキツバメは飛び出すことはないようで、暖かかった前日には乱舞していたというポイントには、全く姿さえ現さなかった。2か所の塒を覗いたが、翅を倒して動く気配はなかった。シャッターを一度も切らずに帰るのもなんなので、帰りがけ、池に来ていたカワセミを撮った。
a0181059_20134826.jpg

このカワセミはオス。一瞬、目を離した隙に池の中に飛び込み、すぐ戻ってきた。獲物は捕り逃がしたらしい。この1コマ目と3コマの間は0.3秒。
a0181059_20142688.jpg

背中の青い羽が見えないので逆方向に行って撮る。
a0181059_20141415.jpg

何度か飛びこんだが、今度は小魚を加えて出てきた。やれやれ。
a0181059_20144190.jpg

しばらく下を見ず上を見ていた。何を見ているのだろう。
a0181059_20145352.jpg


2016.12.21
ぽかぽか陽気の冬至。今日こそはと繰り出す。暖かいせいか、10時ころに日が当たる1つ目の塒のムラツは全部飛び出た後。2つ目は4頭がまだ寝ていた。乱舞するというポイントに陣取ったものの、乱舞予定の時間になっても飛び回るものはなし。遅めに日の当たる2つ目の塒を覗いた時には、すでに出払った後。どうしたことかと、広い公園内を探しまくる。が、飛んでいたムラツは2頭のみ。1頭はヒヨドリに追いかけられ食べられてしまった。諦め、撤退間際に、やっと日向ぼっこするムラサキシジミを撮影。
a0181059_2028532.jpg

続いて、ムラツ♂。少し傷んでいるので気合が入らなかったせいもあるが、向こうの翅にピンがきていなかった。しかし、横向にとまったので、色的には80点の出来。
a0181059_20302268.jpg

お昼過ぎ、2つ目の塒に1頭、また1頭と戻り始めた。3頭並んだところを、ストロボ撮影。かなりのトリミング。
a0181059_20303681.jpg

来た時には出払っていた1つ目の塒を覗いたら、こんなに戻ってきていた。一つ目小僧がぎょろり。何枚か撮った中の1枚。
a0181059_20304778.jpg

結局、6度目のムラサキツバメ撮影も失敗。行くたびに天気が悪かったこともあるが、ここのムラツは神出鬼没。自然教育園のムラツと違い、まだ行動パターンが理解できていない。


   

by otto-N | 2016-12-26 18:16 | Comments(0)
<< 関西地区でのチョウ類保全協会写... 2016.12.9 東京・恵比... >>