たかがヤマト、されどヤマト

フライイング・バタフライズ 2016 (14)メスアカミドリシジミ   2017.2.12(記)

メスアカミドリシジミ
7月の初め、OTTOさんに仙台のゼフィルスを案内していただいた。昨年は、他のチョウと同じく、東北のゼフの発生も混乱しており、行った時にはメスアカミドリシジミが発生したばかりだった。

林道でテリを争う2頭。ミドリシジミは夕刻の暗い中での卍飛翔だが、メスアカミドリは正午ころの明るい中での卍飛翔。シャッター速度を稼ぐことができるのだが、翅が輝きすぎ、翅に合わせるとどうしても背景は暗くなってしまう。
a0181059_15165115.jpg

近いところへはなかなか来てくれず、広角での撮影のチャンスは多くはなかったが、雰囲気だけは捉えられたと思う。
a0181059_10392343.jpg


別のポイント。暗い林の中で何度も卍飛翔を繰り返していたが、遠いので300ミリで撮るしかなかった。マニュアルフォーカスにして、キラッと光った時連写する。あまり近いとピントが合わず、そもそもフレームに入らない。結局、遠い卍しか撮れなかった。以下、6016×4000 →3600×2394 に一律のトリミング。
a0181059_10393431.jpg

望遠だと、チョウの表情がよくわかるし翅の色もきれいだ。しかし、翅が輝きすぎるので露出は低め。そうすると、遠い時は背景が真っ暗になる。この4コマは、上記と同じ比率でトリミングしたが、このくらい近いと背景がボケらしくボケる。でも、いくらホバリングしていても、ピンボケ・フレームアウトの続出だった。
a0181059_10394348.jpg

下草の上の卍。これはノートリ。
a0181059_11350669.jpg


輝く表翅。しかし、2頭同時はムリだったし、金緑色の輝きにはほど遠かった。
a0181059_12114048.jpg

他にも、アイノミドリシジミ、フジミドリシジミ、ジョウザンミドリシジミ、ウラクロシジミなどのゼフを見ることができ仙台は素晴らしいゼフ天国。OTTOさん、どうもありがとうございました。それにしても、住宅地のすぐ傍でカモシカに遭遇したのには驚きました。

  




by otto-N | 2017-02-12 09:18 | Comments(2)
Commented by dragonbutter at 2017-02-12 23:07
昨日の保全協会の集まりではお世話になりました。
メスアカはまだまともな写真がありません。
素晴しい飛翔写真ですね。
リンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by otto-N at 2017-02-13 15:23 x
dragonbutterさん、こちらこそありがとうございました。
メスアカミドリは、知っているポイントに出て来なくなったので、OTTOさんのお世話になりました。
蝶撮影にペンタックスを使われている方は、希少というより絶滅危惧種に近いのですが、お互いガンバリましょう。
これからもよろしくお願いいたします。
<< フライイング・バタフライズ ... お知らせ 「チョウ類の保全を... >>