たかがヤマト、されどヤマト

2016.6.9 埼玉・ハンノキの森 ミドリシジミ(1)   2017.6.18 (記)

2016.6.9
朝早く、ミドリシジミを撮りに行く。天気予報は晴れだというのに、雲がかかりポツンと雨が軽く来た。6時30分、目当ての場所に到着。雨は降ってこなかったかれど、当然薄暗い。実はこんなに早い時間にミドリシジミ撮影に来たことがなく、どういう条件の時、開翅するのか全くわからず不安だった。目を凝らすと叢にチラチラと飛んでいるのが判り、カメラを準備する。翅を閉じた姿を撮影していると、半開翅する個体を見つけたがそこまで。この場所はダメかと思い場所を移ろうとしたとき、別個体が近くに飛んできて開翅した。晴れていないと開かないと思っていたが、曇っていても開くんだ。
a0181059_13062790.jpg


少しずつ空が明るくなり、次々とはいかないまでもミドリシジミがやって来た。葉の上を動き回るものが多く、よく見るとストローを伸ばし何か吸汁をしていた。そして翅を開く。
a0181059_13083751.jpg


曇っているので輝きが薄いかと思ったら、そうでもなかった。
a0181059_13092130.jpg

頭から撮らないと、4枚すべての翅が輝かない。
a0181059_13201548.jpg


アングルによって輝きの色が微妙に変化する。
a0181059_13181501.jpg



空が曇っているので強烈に輝くことはないが、とても奇麗に撮れる気がする。
a0181059_13204612.jpg


♀も現れた。残念ながら右後翅に亀裂。
a0181059_14081461.jpg



こちらは完品。
a0181059_14082386.jpg


時間が経つにつれ、♂が次々とやってきて翅を開く。
a0181059_13212440.jpg



強烈な輝き。
a0181059_14153553.jpg



頭を前に、少し上から撮ると翅がブルーからグリーンに輝くようだ。時刻はそろそろ午前8時。
a0181059_14145568.jpg


(ミドリシジミ(2)に続きます)


by otto-N | 2017-06-18 16:49 | Comments(2)
Commented by fushiginomori at 2017-06-18 23:15
ミドリシジミの色々な緑が並んでいてとても豪華ですね。
連続の写真を拝見すると動きによって色が変わるのがよくわかります。
どの緑もそれぞれ美しく、とても羨ましく思います。
Commented by otto-N at 2017-06-20 20:21 x
fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
朝早くというのは経験がなかったのですが、こういうこととは知りませんでした。
そのために、近郊ですが前泊しました。
また、晴れていなかったのが、写真的には輝きがマイルドでよかったと思っています。
<< 2017.6.9 埼玉・ハンノ... 2017.6.5 神奈川・谷戸... >>