たかがヤマト、されどヤマト

2017.7.20 長野県・蝶ヶ岳 (3)コヒオドシ   2017.8.6 (記)

2017.7.20 続き
ハイマツの上を飛び回りとまらないミヤマモンキチョウ。それでもスピードを落とす場所があることに気がついた。ハイマツの間に生えているクロマメノキの群落には♀がいる確率が高く、そこでスピードを落とす。21ミリでも撮れそうだった。クロマメノキ群落の上部にある石の堆積部に陣取り、近づいてくる、あるいは飛び離れる♂を連写した。
a0181059_17255993.jpg


しかし、簡単には動けない場所。石積みの斜面はかなりの急斜面。石も崩れる。当然、走り回ることはできないし、身動きするのも簡単ではなかったし、そもそも、次から次へとチョウが飛んでくるわけではなかった。それよりも、チョウは目より下。背景に穂高の峰々を入れることは叶わず、下部の山襞の残雪と梓川河川敷の白い筋が入れば上出来だった。置きピン距離は35~40cm。チョウが小さくなるのでトリミングせざるをえなかった。15ミリを持ってくることも考えたが、これ以上近づくことはできないと思ったので止めた。
a0181059_10044221.jpg



穂高に向かって逆光気味。あまりにも斜めになったので回転補正トリミング。チョウがちょっと大きすぎた。
a0181059_17525025.jpg



チョウにピントが合い表翅の黄色も表現できた。しかし、右隅にしか入らなかった。ハイマツの向こうに残る岩稜の雪、こんな環境で飛び回るミヤマモンキの姿は撮れたと思う。
a0181059_17532147.jpg



ちょっと(かなり)悔しいシーン。2頭が絡んだがピンのきた方は翅が閉じており、4枚の翅がせっかく入ったがフレームアウト、槍・穂高が入ったけれどチョウには届かず。今度はもし行くことがあったなら、もっと平らな場所に陣取ろう。
a0181059_17281308.jpg


山頂に着いた時から、蝶ヶ岳ヒュッテの向こうは時おり日が翳っていた。
a0181059_19372709.jpg


気がつくと、山頂直下でも日が翳るようになった。日が翳ると急にミヤマモンキは姿を消す。どうしたのかと思っていると、ハイマツの茂みで休んでいた。黄色いのですぐわかる。いざ近づこうとすると意外にも敏感で飛び去ってしまう。
a0181059_19405303.jpg


時間がきたので、ここを切り上げ下山することにした。下山はヒュッテの先、約30分の横尾分岐から横尾に下りる予定。その間でもチョウを撮るつもりだった。しかし、対岸の峰々はまだ晴れているのに、ここだけが日が薄い。
a0181059_19513027.jpg


少し明るくなるとミヤマモンキが飛び出したが、撮れずに終わる。タカネヒカゲも1頭飛び出したがとまったと思った場所にはおらず、少し離れた場所から飛び去ってしまった。毛局、タカネヒカゲはこの1頭しか遭遇しなかった。ここは、平らな場所も多く場所によっては槍ヶ岳も望めたので、もっと早く来るべきであった。そんな時に、タテハが1頭飛んできた。久しく撮っていないコヒオドシだった。
a0181059_19573655.jpg


さらに近づくとベタっと開いてしまったが、もう少し翅を立てていて欲しかった。
a0181059_19592307.jpg


横尾分岐まで目についた花を300ミリで撮る。望遠で撮れるとしてもちょっと投げやり。
a0181059_20030512.jpg


横尾分岐から蝶槍に行こうとしたが、ガスが濃くなってきたので引き返し、12時ころ下山開始。下り始めた直後、山頂ヒュッテで会ったイギリス人のカップルに先に行ってもらったが、11時過ぎ、この近くで熊を見たとのこと。尾根の登山道から撮った写真を見せてもらった。撮影場所を移動していたら熊を見られたかもしれない。熊、撮りたかったなぁ。その後は樹林の中の登山道をひたすらに下りる。登る気がしないほど急な登山道だった。かなりくたびれて来た13時35分、槍ヶ岳がよく見える場所に来た。槍見台かと思ったが、違った。
a0181059_20141662.jpg


14時15分、槍見台にやっと着く。左に屏風岩、その向こうに南岳?、槍ヶ岳は遥か向こう。もうすぐ横尾だ。
a0181059_20142749.jpg


14時40分、横尾に到着。膝(半月板)の痛みが出ずホッとする。とりあえずビール。横尾山荘の前にオオイチが吸水場所を探して舞っていたが、とまることなく飛び去ってしまう。その後は、つれあいは徳沢に先に帰ることとし、おっとはチョウ探し。ひょっとしたらと思ったチョウは見つからず、ヨモギの傍のヒメシジミと遊ぶ。
a0181059_20315949.jpg
a0181059_20322960.jpg


崖にツマジロウラジャノメがいるかもしれないと思っていたら飛んで来た。開かないまま近くをさんざん飛び回った後、崖の上に去る。吸水しそうだったオオイチモンジは、中国人ハイカーグループに追われ木の上に上がってしまい、徳沢を目指してとぼとぼと歩く。
a0181059_10074497.jpg
a0181059_10075961.jpg


16時50分、徳沢に到着。芝生のテント場でヨタヨタと飛んでいたウスバシロチョウ。シロツメクサで吸蜜。まだいるとは思ってもみなかった。
a0181059_10082241.jpg


2頭のルリタテハが争っていた。1頭は時々こちらめがけて飛んで来る。飛翔は青い点にしか写らず、勝った1頭が石の上に静止。
a0181059_20332003.jpg




by otto-N | 2017-08-06 18:18 | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2017-08-06 18:33
ミヤマモンキチョウ、ツマジロウラジャノメ、
コヒオドシ、オオイチモンジと
続々と主役級登場のブログを楽しみました。
Commented by otto-N at 2017-08-08 17:04 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
返事が遅れてすみません。
昨日の大月の大雨で、乗っていたあずさが甲府で停まってしまい、今朝帰ってきました。
今、上高地での一番の目的、オオイチ♀をまとめているところです。
Commented by fushiginomori at 2017-08-09 20:36
ミヤマモンキも他の蝶も素晴らしいですが、こんな暑い日には、
山の涼しさが伝わってくる写真の数々にほっとさせて頂きました。
コヒオドシは、”日本産”の方が鮮やかで美しいですね。
Commented by otto-N at 2017-08-10 17:43 x
fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
北アルプスの景観は素晴らしいです。
同じ標高差なら使う体力に変わりはなく、また、ムリをしない程度の山に登りたくなってしまいます。
数年前、3月にスイスのツエルマットにスキーに行きましたが、そこで見たコヒオドシはモンゴルのとそっくりでした。
<< 2017.7.21 長野県・上... 2017.7.20 長野県・蝶... >>